ニュース
» 2020年05月21日 20時30分 公開

高度に発達した科学技術は「妖怪」と区別できない? 小さな女の子と「天狗」の交流描いた漫画にほのぼの

異種族コミュニケーション?

[たけしな竜美,ねとらぼ]

 ヒトの手を離れたAIが独自の生命体として進化した未来、人間の理解が及ばないそれらの存在は、古の「妖怪」と同一視されているかもしれません。そんな壮大な想像をかき立てる、ほのぼの(?)SF漫画がTwitterで話題です。


天狗の森に迷い込んだ幼女 漫画


 太くウネウネと曲りくねる配管が、地面からはるか上までを覆い尽くしている、まるで「パイプの森」のような場所を歩く小さな女の子。どうやら保護者とはぐれてしまったらしく、不安そうに辺りを見回していました。

 そんな女の子の前に突如現れたのは、サイボーグのような外見をした謎の2人組でした。鋭いかぎ爪、むき出しの歯、表情の読めない無機質な複眼、どこまでも追ってきそうな2対の翼――。明らかに強大な力を持つその存在は、威圧感を放ちながら女の子に近寄ります。


天狗の森に迷い込んだ幼女 漫画


天狗の森に迷い込んだ幼女 漫画

 「うええ…」と涙目になる女の子。ところがサイボーグは「ケガなどしていないか 大丈夫なのか!?」と心配した様子です。その片割れも「可愛い! ヒトの幼体だ!」などとはしゃいでいます。

 安心した女の子は、ばーちゃんから聞いた話を思い出します。目の前の彼らは「テング」と呼ばれる種族。作品から読み取れる限りでは人間とは別の場所で暮らしており、交流はほとんどありません。ですがお互いの存在は認識しており、会話による意思疎通が可能。敵対意識もないようです。


天狗の森に迷い込んだ幼女 漫画


天狗の森に迷い込んだ幼女 漫画

 迷子になった女の子を心配して優しく接し、さらに元の場所へと帰れるよう案内をするテングたち。別れ際にはすっかり仲良しになり、「もう迷わないようにするね」という女の子へ、「また迷ってここに来るといいよ」「おい」と楽しい漫才を繰り広げるのでした。

 ハードな世界観かと思いきや、誰も傷付くことのない優しい物語が大きな反響を呼んでいるこの作品。作者によれば、子どもを見て「かわいい」とはしゃいでいたテングは「人間で言えば、猫を見つけた兄ちゃんのような感覚」とのことです。

 作者は漫画原作も手掛けている、大崎崇人(@oosakitakaneko)さん(「崎」はたつさき)。ファンタジーギャグ漫画『配信勇者』がAmazonにて発売中です。



作品提供:大粼崇人(@oosakitakaneko)さん


たけしな竜美(@t23_tksn


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙