ニュース
» 2020年05月18日 21時40分 公開

初代バイオハザードのモノマネが細かくて伝わりすぎる ぎこちないラジコン操作ですぐ家具に引っかかるやつ

旋回してからトコトコ進むあの感じ。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 初代プレイステーション版「バイオハザード」のモノマネ動画が、Twitterで大反響を呼んでいます。壁をこするように走ったり、踏み台をうまく上れなかったり、「操作に不慣れな人の動き」にやたら忠実でじわじわくる。


踏み台編 壁をなめるような走り方

踏み台編 踏み台に突き当たり……

踏み台編 うまく進めなくて足が前後にヒョコヒョコ

 投稿主は、あらゆる“二次元”の実写化に取り組む「鎖音プロジェクト」のリーダー、ラブマツ(@Matsu_Kusarine)さん。旋回してから前進する、初期バイオハザード独特の「ラジコン操作」をはじめに、ぎこちない動きを上手に再現しています。踏み台と立ち位置がうまくが合わず、上りたいのに押してしまうあたり、芸が細かい。


踏み台編 「押す」モーションがまたそっくり

踏み台編 ボタン連打で不要なオブジェを調べるようなくだりも。「こんなでかいモニターを買う必要はあったのだろうか……」という、少々ユーモラスな言い回しも原作っぽい

 「身に覚えがありすぎるつたない動き」「足の運びがそっくり」とツイートは大好評で、「いいね」の数は20万を突破。ラブマツさんは、続けて「初代バイオハザードでトイレの概念があったら」編も公開し、さらなる笑いを呼びました。


 今度は主人公の心電図も右上に表示。ゲームではダメージ状況を表していましたが、この動画では腹具合を表しているようです。ラブマツさんはお腹を押さえてトイレへ急ぎますが、例によってぎこちないラジコン操作で家具に引っかかり、なかなかうまく進めません。


トイレ編 お腹痛いポーズも原作そっくり。痛みの理由は別だけど

トイレ編 カドに引っかかってジタバタ

トイレ編 かと思えばスッと冷静に方向転換するのがなんともおかしい

トイレ編 ゲームと同様、カットが切り替わる瞬間に少し画面が止まる……本当に芸が細かい

 「ドアが開くカットイン」も忠実に再現しつつ部屋を移動したラブマツさん。場面転換するなり銃を上に構えるなどプレイヤー心理を表現しているうちに、ふと卓上の書類に目を通します。その中身は、「かゆい かゆい 便意―― きた」などと原作の有名な「飼育係の日誌」をもじったもので、「かゆい うま」でなく「もれる くそ」で結ばれていました。汚い文読んでる場合じゃねえ。


トイレ編 ガラッ……

トイレ編 初めての場所に怯えて、つい構えちゃうのよく分かる

トイレ編 ものすごく既視感のあるテキスト

トイレ編 きったないのであえて解説はしません

 そうこうするうちに心電図が警告を発し始め、そろそろガマンも限界へ。ラブマツさんはやっとのことでトイレのドアへ手をかけますが、カギがかかっているという悲劇に見舞われます。そこはキーアイテム「銅のカギ(10円玉)」でどうにかオープン。しかし、ドアの開くカットインが流れているうちにタイムリミットが訪れ、画面には「YOU DIED」と表示されてしまうのでした。なんちゅう理不尽。


トイレ編 心電図もカウントダウンの数字も、もう限界

トイレ編

トイレ編 裏技くさくはあるけれど、どうにかドアをオープン

トイレ編 しかし、カットインの表示中に限界が……

トイレ編 「あなたは死にました(社会的に)」

 ラブマツさんはさらに、「初代バイオハザードにテストがあったら」編も公開。赤点のテストを焼却処分しようと試みるも、タイラントみたいな母ちゃんに発見されて窮地に陥るのでした。ゲーム内の細やかな現象をきっちり拾ってちりばめたこのシリーズ、今後も楽しみです。


テスト編 赤点とライターを組み合わせようとするも、屋内では燃やせない

テスト編 独特のすり足を再現しながら外へ向かうと……

テスト編 ドッカーン!

テスト編 やべえのに見つかった……(動画はここで途切れている)


動画提供:ラブマツ(@Matsu_Kusarine)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.