ニュース
» 2020年05月19日 16時35分 公開

こんな囲碁アプリ欲しい! 碁石をぷよぷよ風に表現して形勢を表情で見せるアイデアが分かりやすい

碁石のつながりの強さも、糸を引いたように表現。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 盤上の碁石を「ぷよぷよ」のようにキャラクター化し、囲碁の基礎を分かりやすく見せるアイデアが秀逸です。白黒どっちが有利なのか、碁石の表情だけで分かる。


囲碁ぷよ 碁石同士が糸を引いたようにつなげて、連携の強さを可視化

 投稿主の“とろろ”(@tororo2048)さんは、囲碁の有段者。日々、囲碁の定石を漫画で表現するなど分かりやすい解説に取り組んでおり、今回は碁石の連携を、糸のようなつながりで表しました。

 碁石同士が近いほど間の糸は太く、隣接した場合は「ぷよ」のようにくっつけて表現。糸が太いほど相手は割り込みにくく、守りが堅い状態といえます、直感的で分かりやすい。


囲碁ぷよ 左上の白石はほぼ囲まれているのに、なぜ平気そうな顔なのか、後日とろろさんは解説イラストを投稿しています。「二眼の生き」ってやつだ

 ツイートは「囲碁の難しいイメージが一気に楽しそうになった」「取られそうな石が青ざめているの面白い」と好評。「こんな囲碁アプリがあったら初心者も楽しめそう」といった声も多数寄せられました。確かに、これなら囲碁に挑戦してみようかなって気になりそうですね。

画像提供:とろろ(@tororo2048)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.