ニュース
» 2020年05月19日 18時05分 公開

「どうぶつの森を全力で楽しむ者のノート」が離島の探検記みたいでワクワク 遠い未来に研究者が混乱しそう

全力で楽しむ様子がビリビリ伝わってきます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「これはあつ森を全力で楽しむ者のノート」と投稿された、「あつまれ どうぶつの森」のスケッチがTwitterで大きな反響を呼んでいます。これは……離島の探検記!?


森 探検家が残した記録のような味わい

 投稿主の“れどもんど”(@Redmond_MMM)さんが描いたのは、訪れた離島の地図。地形や特色をもとに「三段島」や「うずまき島」などと名前を付け、バラやタツノオトシゴ、タガメなど、採取した動植物のイラストまで添えています。まるで名のある冒険家が残した記録のようで、想像がふくらむ……。


森

森 貝や鉱物のスケッチも

 全力で楽しんでいる様子が実に伝わってくるノートは、「好きすぎる」「本当に宝の地図みたい」などと大好評。「のちのヴォイニッチ手稿である」と、後世の研究者が困惑する様子を想像する人もみられます。

画像提供:れどもんど(@Redmond_MMM)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.