ニュース
» 2020年05月20日 08時30分 公開

“ネコが絶対に目線をくれるシステム”に称賛集まる 「天才ですか」「獲物を狙う目だ!」の声

お試しあれ!

[三日月影狼,ねとらぼ]

 Twitterに投稿された、ネコが絶対に目線をくれるシステム」が画期的だと話題になっています。

 スマホに映し出されているのは、ばっちりとカメラ目線を決めてくれる1匹の猫ちゃんです。とってもかわいい写真……と思いきや、猫ちゃんの目はなにやらギラギラと輝いています。


目線システム 絶対に目線をくれるシステムですが……?


目線システム顔アップ アップでどうぞ

 獲物を狙っているようにも見える表情ですが……よくよく見ると、スマホにはとりささみ味の「CIAOちゅ〜る」が装着されているではありませんか。猫ちゃんがスマホに向ける、鋭すぎる野獣のごとき視線にも納得です。

 今までありそうでなかったこのシステム(?)には、「画期的」「天才!」「やってみます」といった称賛の声が集まっています。



 なおこのシステムの元ネタは、海外のペディグリーが提供している「Selfie STIX」なんだとか。Selfie STIXはスマホに犬用の歯磨きガムをつけ、専用のアプリでワンコの写真を撮ると自撮り風写真が撮れる! という面白いアイテムのようです。飼い主さんは自宅にあるもので猫版Selfie STIXを作ってみよう! と考えてやってみたところ、うまくいったそうです。

 今回すてきな写真を見せてくれた猫ちゃんの名前は「moo」(むー)さん、飼い主さんには「むったん」と呼ばれています。とってもかわいいむーさんは以前飼い主さんがコーヒー豆をこぼしてしまった時、すかさずやってきて片付けを手伝ってくれたこともあるんだとか。まさに猫の手を貸してくれる、飼い主さん思いのむーさんなのでした。




コーヒー豆2 「仕方ないニャ」


コーヒー豆3 見事にきれいになりました!

 投稿主である葛原健太さんは、広告会社のプランナーやコピーライターとして活動中。Twitter(@kuzzken)には猫ちゃんの写真やイラスト練習動画などが投稿されています。むーさん専用のInstagram(@mootan_46)もあるので、のぞいてみると幸せな気持ちになれそうです。









画像提供:葛原健太/クズケン(@kuzzken)さん

三日月 影狼

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた