ニュース
» 2020年05月20日 20時00分 公開

宇宙人の女の子が地球人に恋をした! 1万光年離れた恋物語を描いた漫画の温かいラストに「エモみが限界突破」「尊すぎて浄化」 (1/2)

読み終えたら皆さんご一緒に。「ぱひー」

[コンタケ,ねとらぼ]

 とある星のとある国に住む女の子が、地球人の男の子に一目ぼれする話を描いた漫画「10000光年双眼鏡」が切なさと暖かさに包まれる素晴らしい作品となっています。スピード感あふれる展開、独特で美しい色使いから描かれる恋の行方は、思わぬ結末へ……。



鳴海アラタ 10000光年双眼鏡 漫画 SF 父のプレゼント。シヒルの日常はここから変わっていく


 どこかにある星に住む女の子「シヒル」は、誕生日のプレゼントに「1万光年双眼鏡」をもらいました。その名の通り1万光年離れた星を自在に観察できる超ハイテクぶりで、「お祝い機能」なんてものまで付いています。


鳴海アラタ 10000光年双眼鏡 漫画 SF どこか遠い星に住むシヒル

鳴海アラタ 10000光年双眼鏡 漫画 SF ぱひー

 早速星の観察を始めるシヒル。いろいろな星を見ていくうちに、とある星を見つけました。その星とは、地球。そして道を歩く1人の少年の姿を見つけると、シヒルは一目で恋に落ちてしまうのでした。


鳴海アラタ 10000光年双眼鏡 漫画 SF 一方地球

鳴海アラタ 10000光年双眼鏡 漫画 SF 一目ぼれするシヒル

 それからというもの、シヒルの頭の中は彼のことでいっぱい。毎日双眼鏡で眺めては笑みを浮かべ、自分がストーカー化していることに気付いてしまいます。募る思い。悩み続けたシヒルは、ついに行動を開始します。双眼鏡で地球を眺めて字を覚え、長い時間の末ラブレターを書きあげたのです。


鳴海アラタ 10000光年双眼鏡 漫画 SF 彼を眺めるシヒル

鳴海アラタ 10000光年双眼鏡 漫画 SF 完全にストーカー

 思いを届けるため父の宇宙船を勝手に拝借し、1万光年離れた地球へ旅立つシヒル。しかし到着すると、そこに広がっていた光景は何もない大自然。文明も彼の姿も、どこにもありません。地球と彼女の住む星の距離は、1万光年。では、シヒルが双眼鏡で見ていた光景は……。


鳴海アラタ 10000光年双眼鏡 漫画 SF 日本語を勉強しラブレターをかきあげたシヒル

鳴海アラタ 10000光年双眼鏡 漫画 SF ついに地球へ。しかしそこは……

鳴海アラタ 10000光年双眼鏡 漫画 SF 状況を理解し始めるシヒル

鳴海アラタ 10000光年双眼鏡 漫画 SF そして真実へ……

 涙に暮れるシヒル。自分の星に帰ると、彼に思いをはせながら眠りにつきます。しかし、この話にはもう少し続きがあり……その最後は、ぜひご自分の目で読んでください。

 この漫画を描いたのは、鳴海アラタさん(@arata50)。リプライ欄などでは、「超物理的でSF的魅力をとても感じました」「とても感動しました!」「エモみが限界突破してしまいました」「とんでもなく好きです……」「読後爽やかな気持ちになりました」「カット割、構図がどれも素晴らしいです」といった声が寄せられていました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた