ニュース
» 2020年05月20日 12時32分 公開

天女の羽衣みたいな全農式ふわふわ卵スープ 試したら口に入れた瞬間ビビった

も゙っ゙ど早゙ぐ知゙り゙だがっ゙だに゙ゃ゙ぁ゙ぁ゙ん゙!!!ってなりました。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 JA全農の公式Twitterアカウントが、天女の羽衣みたいにふわふわになる卵スープを作るコツを紹介しています。早速試してみました。

ふわふわな卵スープの写真 た、卵が、薄い!!

作ってみた動画

 覚える手順は3つだけ。

  1. スープが沸騰したら、火を止める
  2. 一方向にかき回し、水流を作る
  3. 逆回転で、溶き卵を入れる

 手順の通りにやってみましょう。スープは水400ミリリットルに、鶏ガラスープの素を小さじ2杯入れたものを使用します。

鶏丸ごとがらスープ 鶏ガラスープの素で味付けしました

 まずは、スープを沸騰させて……。

スープが沸騰しているところ スープを沸騰させる

 火を止めます。

火を止めたところ 火を止める

 お玉でかき混ぜて、水流を作ります。

スープをお玉で混ぜているところ 水流を作る

 水流と逆回転で、卵を入れます。

卵をスープに入れるところ 逆回転で、卵をイン!

 完成しました。

ふわふわの卵スープ 卵スープ、完成しました

 どんだけふわっふわなのか確かめるため、いつも通りに作ったものと比較します。筆者の普段の作り方は、お玉で水流を作り菜箸に溶き卵を沿わせて回転させながらスープに投入するというものです。火は止めていません。今回初めて気づいたことなんですが、水流も卵入れるのも時計回りにしていました。同じ回転方向じゃ意味ないじゃん!

スープが沸騰したところ スープが沸騰しても、火は止めない

箸を使って、卵を入れるところ 箸を使って、回しながら卵投入

普段のたまごスープ 普段の卵スープができました

 では比較しましょう。普段のスープはいつもの味です。不満はありません。ところが天女の羽衣スープは口に入れた瞬間ビビりました。卵が滑らか。ツルッツルの口当たり。まさに天女の羽衣です。比べてしまえば、筆者の普段のスープなんぞ雑巾レベルにザラザラ。あああああ、30年前に知りたかったぁぁぁ。

卵スープをすくっての比較 薄さと軽さが、まるで違います

 具のあるスープのときは、卵以外の具に火を通してから、最後に溶き卵を入れるといいですよ。

 天女の羽衣卵スープ、一度食べてしまったらもう二度と普段の卵スープには戻れない。そう思わせるほどのおいしさでした。全農さん、教えてくれてありがとう!

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙