ニュース
» 2020年05月21日 17時00分 公開

ローソンのコピー機でオリジナルシールを作ってみた これは自作グッズ制作が捗る〜!

ITちゃんのシールかわいいシールができました!(配布コードあり)

[ねとらぼ]

 コンビニエンスストア・ローソンでオリジナルのシールが作れるって知っていましたか? シール用紙に印刷ができるのは、新型マルチコピー機の「MX-3631DS」。実際に、ねとらぼのカバーガール「ITちゃん(あいてぃーちゃん)」のシールを作ってみました!

ローソン シール紙プリント こちらができあがったシール。記事の最後に、配布用の印刷番号を記載しています!

 「MX-3631DS」は、新開発されたマルチコピー機で、3月から全国のローソン店頭に順次設置されています。

 従来のものとタッチパネルの画面デザインなどが大きく変わった「MX-3631DS」。注目は、普通紙、光沢紙、写真用紙に加え、はがき用紙、シール紙への印刷ができるようになったことです。

 簡単にポストカードを作れるはがき紙もさることながら、シール紙はスマートフォンで撮影した写真をシールタイプの証明写真にしたりと、かなり便利に活用できそうです。

人気の「ネップリ」にも使えます

 また、自作のイラストなどをアップロードし、マルチコピー機で自由にプリントできるようにする「ネップリ(ネットワークプリント)」ユーザーにとっても、かなりうれしい機能なのではないでしょうか。

 現在「ネップリ」の使い方として人気なのは、印刷した画像を切り抜いて透明のカバーに挟み、オリジナルのスマホカバーを制作すること。「ネップリ」をシール紙に印刷ができるようになると、PCや文房具など、スマホカバー以外のいろいろなところに使えるようになりそうです。

実際に作ってみた

 ねとらぼでも、さっそくオリジナルシール作りにチャレンジしてみました。今回作ったのは、ITちゃんのイラストを思いっきり楽しめるデザインと、切り取って使えるパステルカラーのデザインの2種類です。

 シールを作るのにまず確認が必要なのは、どの店舗に「MX-3631DS」があるかです。こちらはネットワークプリントサービスの店舗検索から確認可能。「はがき印刷」に対応しているローソンが、「MX-3631DS」の設置店舗です。

 ローソンに着いたら、マルチコピー機の印刷画面で「ネットワークプリント」を選択。印刷用の番号を入力後、用紙選択画面で「シール用紙」を選びます。

 あとは、印刷する画像とサイズを決めるだけ。シール用紙はL判(89ミリ × 127ミリ)と、その倍のサイズの2L判(127ミリ × 178ミリ)から選択可能。プリント料金は、L判が200円、2L判が300円。ましかくプリントでシール紙を選択した場合は250円です。パステルカラーのデザインは、スマホケースに挟む場合はL判を、PCなど大きめのものに貼る場合は2L判をオススメします。

ローソン シール紙プリント シール紙を選びます。ITちゃん全身イラストのデザインは、写真用紙に印刷してもいいかも
ローソン シール紙プリント サイズを選びます。猫ちゃんがかわいい

 できあがったシールは、プリクラのようなツヤのある仕上がり。色も画質も、とてもきれいに印刷できました! 普段使っている持ちものなど、いろんなところにペタペタ貼りたくなるかわいさです。

ローソン シール紙プリント できた!!!
ローソン シール紙プリント 文房具に貼ってみました。かわいい

 このほか、「MX-3631DS」を作るシャープの公式サイトでは、お名前シールといった自作のラベル作りなど、マルチコピー機やシール用紙の活用方法を紹介しています。

 自作アイテムの幅が広がりそうなシール紙プリント。ネットワークプリントと合わせて活用すると、遠くの人ともオリジナルのシールが楽しめておすすめです!

 ねとらぼでは、今回の記事に合わせ、ネットワークプリント用のオリジナル画像を配布中。5月29日16時ごろまで、印刷用番号「YWJYWLDNNW」でITちゃんの画像をプリントアウトできます。飾ったり、シールにしたり……ぜひいろいろ使ってみてくださいね!

ローソン シール紙プリント 印刷用番号:YWJYWLDNNW(有効期限は5月29日16時ごろまで) ※記事中のものと一部絵柄が異なります。店頭でプリント料金がかかります

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.