ニュース
» 2020年05月23日 19時30分 公開

「足を洗いたいのですが」「はい」 いろんなものから足を洗わせてくれる「足洗い師」を描いた漫画がシュールでふしぎ

やめたくてもやめられないあなたに

[たちこぎライダー,ねとらぼ]

 酒や競馬といったやめられない趣味から足を洗うことができるお店を描いた漫画の「発想がすごい」と話題です。作者は漫画家の河野玲奈(@kohno017)さん。


足を洗う 街角でひっそりと商売する「足を洗う」店


 「足を洗う」と題するこの作品の見どころは、慣用句としての「足を洗う」を、物理的なものとして表現しているところです。

 街角で「足洗い一回千円」の看板を出している若い男。まるで靴磨きのお店のよう。そこに中年の男性客がやってきます。客の足には「不倫」「競馬」「おやつ」などといった煩悩の数々が染みついています。


足を洗う できることなら洗い落したい悪習慣

 男は耳かきのような道具を使ってカリカリと客の足から「競馬」を洗い落とします。客はこれで文字通り「競馬から足を洗った」ことになるのでしょう。1000円を支払って、満足気に帰っていきます。これで足が洗えるなら、やってほしい!

 しかし物語はここで終わりではありません。

 男は洗い落とした「競馬」を捨てる際、ちょっとした手ちがいによって自ら競馬に「手を染める」ことになってしまい――。さらなる展開を迎えるのです。

 慣用句を巧妙に設定に落とし込んだこのSFチックな作品。もとは無料コミックサイト「電脳マヴォ」で発表された作品です。作者の河野さんが自身のTwitterに掲載すると、3万以上リツイートされ、13万以上の「いいね」が集まりました。




 コメントには「発想がすごい!」、「(SF作家の)星新一もびっくり」と作品のクオリティを絶賛する声とともに、「1000円じゃ安すぎる!」、「本当にあったらいいな」とやめられない習慣から足を洗いたい人たちの切なる声が並びました。

 作者の河野さんは、上記「電脳マヴォ」のほか、「オモコロ」で「スマートアシスタント」、「生水」といった「すこしふしぎ」という表現がぴったりな作品を発表しています。また、BOOTHでは短編集の販売も行っています。

「足を洗う」


足を洗う

足を洗う

足を洗う

足を洗う

足を洗う

足を洗う

足を洗う

足を洗う

足を洗う

足を洗う

足を洗う

足を洗う

画像提供:河野(河野玲奈)(@kohno017)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」