ニュース
» 2020年05月23日 19時30分 公開

「足を洗いたいのですが」「はい」 いろんなものから足を洗わせてくれる「足洗い師」を描いた漫画がシュールでふしぎ

やめたくてもやめられないあなたに

[たちこぎライダー,ねとらぼ]

 酒や競馬といったやめられない趣味から足を洗うことができるお店を描いた漫画の「発想がすごい」と話題です。作者は漫画家の河野玲奈(@kohno017)さん。


足を洗う 街角でひっそりと商売する「足を洗う」店


 「足を洗う」と題するこの作品の見どころは、慣用句としての「足を洗う」を、物理的なものとして表現しているところです。

 街角で「足洗い一回千円」の看板を出している若い男。まるで靴磨きのお店のよう。そこに中年の男性客がやってきます。客の足には「不倫」「競馬」「おやつ」などといった煩悩の数々が染みついています。


足を洗う できることなら洗い落したい悪習慣

 男は耳かきのような道具を使ってカリカリと客の足から「競馬」を洗い落とします。客はこれで文字通り「競馬から足を洗った」ことになるのでしょう。1000円を支払って、満足気に帰っていきます。これで足が洗えるなら、やってほしい!

 しかし物語はここで終わりではありません。

 男は洗い落とした「競馬」を捨てる際、ちょっとした手ちがいによって自ら競馬に「手を染める」ことになってしまい――。さらなる展開を迎えるのです。

 慣用句を巧妙に設定に落とし込んだこのSFチックな作品。もとは無料コミックサイト「電脳マヴォ」で発表された作品です。作者の河野さんが自身のTwitterに掲載すると、3万以上リツイートされ、13万以上の「いいね」が集まりました。




 コメントには「発想がすごい!」、「(SF作家の)星新一もびっくり」と作品のクオリティを絶賛する声とともに、「1000円じゃ安すぎる!」、「本当にあったらいいな」とやめられない習慣から足を洗いたい人たちの切なる声が並びました。

 作者の河野さんは、上記「電脳マヴォ」のほか、「オモコロ」で「スマートアシスタント」、「生水」といった「すこしふしぎ」という表現がぴったりな作品を発表しています。また、BOOTHでは短編集の販売も行っています。

「足を洗う」


足を洗う

足を洗う

足を洗う

足を洗う

足を洗う

足を洗う

足を洗う

足を洗う

足を洗う

足を洗う

足を洗う

足を洗う

画像提供:河野(河野玲奈)(@kohno017)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる