ニュース
» 2020年05月24日 11時00分 公開

突如街に現れる大波 水槽の中に波を表現する映像アートがリアルすぎてすごい

飲み込まれそう。

[関口雄太,ねとらぼ]

 韓国のデザイン企業「d'strict」がYouTubeで映像作品を公開しました。まるで本物の海の波を箱に閉じ込めたような迫力があります。


海を箱に入れたような迫力

 メディアアート「WAVE」は、アナモルフォーシスというデザイン技法を使用した作品。公開された場所は「Coex SM Town / K-Pop Square」で、韓国で最も大きな広告ディスプレイを使用しています。その大きさは横幅80.1m、高さ20.1m。ちなみに日本には2019年、田園都市線渋谷駅に世界最大サイズCOB型LED広告ビジョンとして登場した「ビッグサイネージプレミアム」がありますが、そのサイズは高さ約2m、幅約25mとなっています。


波を表現した映像アートがリアルすぎてすごい 海を入れた水槽みたい 波を入れた水槽のように見える(画像はYouTubeより)

波を表現した映像アートがリアルすぎてすごい 海を入れた水槽みたい 本物の海にしか見えない(画像はYouTubeより)

 「WAVE」では錯覚を利用した表現を採用しており、実際にはない奥行きがそこに存在しているかのように見せます。他の映像を見ると水槽のような建物ではなく、平面の液晶ディスプレイであることが確認できます。


波を表現した映像アートがリアルすぎてすごい 海を入れた水槽みたい 映像が違うと平面の壁なのがよくわかる(画像はYouTubeより)

 制作を手掛けた「d'strict」はこれまでに、韓国のテーマパーク「ロッテワールド」内「マジックサークル」など、デジタルメディア技術を活用した作品を発表してきました。「WAVE」の動画には「こんな未来的な環境に住んでいる人たちがうらやましい」「完璧すぎて魅力と恐怖を感じます」といったコメントが寄せられました。


「d'strict」の他の作品

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10