ニュース
» 2020年05月24日 20時50分 公開

孫の写真を許可なくSNSに投稿したおばあちゃんに削除指示 裁判所「写真1枚につき1日6000円の罰金」

数カ月にわたり写真を消すようお願いされていたようです。

[関口雄太,ねとらぼ]

 オランダのヘルダーラント裁判所は、孫の写真を親の許可なくソーシャルメディアに投稿していた女性に対し、児童のプライバシー違反に当たるとして削除を命じました。


孫の写真を許可なくSNSに投稿したおばあちゃんに削除指示 裁判所「写真1枚につき1日6000円の罰金」 ヘルダーラント裁判所が発表(画像はヘルダーラント裁判所より)

 裁判所の発表によると、判決を下された女性は、実の娘から訴えられました。娘さんの3人の子どもはいずれも未成年。子どもたちのうちの1人は一時期、女性とその夫と共に暮らしていたとされています。つまり子どもから見ると、おばあちゃんとおじいちゃんと一緒に暮らしていました。

 おばあちゃんは、一緒に暮らしていた孫や他の孫たちの写真をFacebookに投稿しましたが、この行動に娘がストップ。手紙で「ソーシャルメディアに投稿した子どもたちの写真を消すこと」「対応しない場合は弁護士とともに次の手段へ進むこと」を伝えました。手紙を送り1カ月経過してもなお写真が消される様子はなく、おばあちゃんは掲載写真を消すことを拒否。手紙からおよそ2か月後に裁判へと至りました。

 裁判所が下した判決は、「10日以内に、ソーシャルメディアに投稿した子どもたちの写真を消すこと」「従わない場合は1日に50ユーロ(約6000円)を罰金と課す」というもの。罰金は最大で1000ユーロ(約12万円)とされています。


孫の写真を許可なくSNSに投稿したおばあちゃんに削除指示 裁判所「写真1枚につき1日6000円の罰金」 削除に応じない場合は罰金が科される(画像はヘルダーラント裁判所より)

 欧州連合(EU)では、個人のためにデータ保護を目的とした法規則として「一般データ保護規則」があり、そのなかで児童の個人情報も保護対象となっています。裁判所はデータの個人的な保有は問題がないとしたものの、Facebookでの掲載はその範囲内ではないと指摘。判決の理由として、Googleなどの検索エンジンで見つかり、第三者の手に渡る可能性があるといったことを述べています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.