ニュース
» 2020年05月25日 07時30分 公開

運動が苦手なことがコンプレックスだった…… 学生時代の自分に伝えたい2つのメッセージ描いた漫画に共感

どちらの言葉もわかりみが深い……。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 運動が苦手なことに劣等感を抱えていた過去の自分に、2つのメッセージを投げかけた漫画が「分かりみが深い」「身に染みてます」などと共感を呼んでいます。作者はWebで漫画を発表しているピリきゅう(@kyuuuuuri5)さん。

photo 運動は「大人のコミュニティに関係ない!」けど……?

 高校時代、見た目の印象から運動できそうに思われていたピリきゅうさん。しかし、実際は運動が苦手で、体育が大嫌い。「選択でテニスを選んだら、自分だけ先生にマンツーマンで教えられる」「リレーに入ると負けるのでリレーの日が学校を休みたかった」「体育祭は劣等感を感じて楽しめなかった」といった経験も……。運動部の女子はモテると思っていたこともあり、「運動出来たら人生百倍楽しかったろうな」と思っていました。

photo 見た目の印象とは裏腹に運動は苦手なピリきゅうさん
photo 運動できないのが大きな悩みだった高校時代

 そんな高校時代のピリきゅうさんに、大人になったピリきゅうさんが伝えたいことが2つ。まずは「大人になってからのコミュニティ、運動神経関係なさすぎー!!」ということ。漫画やアニメなど、同じ趣味の人と出会おうと思えば出会えるし、運動神経が人の価値基準にはならない。だから運動できないからと言って縮こまらなくても良い、と伝えます。

photo 確かに趣味でつながるのに運動神経は必要ない……!

 その一方で、伝えたいもう1つのことは……「運動マジ大事!!」。適度な運動をしていないと、筋肉は衰え、疲れやすくなり、慢性的な腰痛を抱えることに。人間関係には必要なくても、健康のためには必要。歳を取ると、運動不足の影響がもろに出ますからね……。

photo 人間関係にはいらなくても健康のために運動は必要なのです……!

 過去の自分を優しく励ましつつ、実感のこもった様子で運動の重要性を語る姿には、「ホント! 運動神経いらないけど、運動はすごく大事」「首がもげそうなほどの勢いで縦に振っております」など共感の声が寄せられています。

 ピリきゅうさんは、ナンセンスが好きな人たちが集うWebサイト「ナンセンスダンス」のメンバー。同サイトの合同誌「勝手に踊ってろ」で表紙を担当した他、エッセイ漫画も寄稿しています。

画像提供:ピリきゅう(@kyuuuuuri5)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」