ニュース
» 2020年05月25日 07時30分 公開

運動が苦手なことがコンプレックスだった…… 学生時代の自分に伝えたい2つのメッセージ描いた漫画に共感

どちらの言葉もわかりみが深い……。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 運動が苦手なことに劣等感を抱えていた過去の自分に、2つのメッセージを投げかけた漫画が「分かりみが深い」「身に染みてます」などと共感を呼んでいます。作者はWebで漫画を発表しているピリきゅう(@kyuuuuuri5)さん。

photo 運動は「大人のコミュニティに関係ない!」けど……?

 高校時代、見た目の印象から運動できそうに思われていたピリきゅうさん。しかし、実際は運動が苦手で、体育が大嫌い。「選択でテニスを選んだら、自分だけ先生にマンツーマンで教えられる」「リレーに入ると負けるのでリレーの日が学校を休みたかった」「体育祭は劣等感を感じて楽しめなかった」といった経験も……。運動部の女子はモテると思っていたこともあり、「運動出来たら人生百倍楽しかったろうな」と思っていました。

photo 見た目の印象とは裏腹に運動は苦手なピリきゅうさん
photo 運動できないのが大きな悩みだった高校時代

 そんな高校時代のピリきゅうさんに、大人になったピリきゅうさんが伝えたいことが2つ。まずは「大人になってからのコミュニティ、運動神経関係なさすぎー!!」ということ。漫画やアニメなど、同じ趣味の人と出会おうと思えば出会えるし、運動神経が人の価値基準にはならない。だから運動できないからと言って縮こまらなくても良い、と伝えます。

photo 確かに趣味でつながるのに運動神経は必要ない……!

 その一方で、伝えたいもう1つのことは……「運動マジ大事!!」。適度な運動をしていないと、筋肉は衰え、疲れやすくなり、慢性的な腰痛を抱えることに。人間関係には必要なくても、健康のためには必要。歳を取ると、運動不足の影響がもろに出ますからね……。

photo 人間関係にはいらなくても健康のために運動は必要なのです……!

 過去の自分を優しく励ましつつ、実感のこもった様子で運動の重要性を語る姿には、「ホント! 運動神経いらないけど、運動はすごく大事」「首がもげそうなほどの勢いで縦に振っております」など共感の声が寄せられています。

 ピリきゅうさんは、ナンセンスが好きな人たちが集うWebサイト「ナンセンスダンス」のメンバー。同サイトの合同誌「勝手に踊ってろ」で表紙を担当した他、エッセイ漫画も寄稿しています。

画像提供:ピリきゅう(@kyuuuuuri5)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」