ニュース
» 2020年05月25日 15時25分 公開

「六法」がウェディングケーキに化けた!? 友人の弁護士を祝福したケーキ職人渾身の1冊

弁護士記章までマカロンで再現。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ある弁護士の結婚式に供された、「六法」型のウェディングケーキが見事のひと言です。完成度が高いし恐れ多いしで、なかなか口にできなさそう。


六法ケーキ 弁護士の披露宴ならではのケーキ。出席した法曹関係者の盛り上がりが想像される

 投稿主は新郎のEisuke Mizuguchi(@eisukewater)さん。2016年に挙式した際に、『判例六法 Professional』(有斐閣)をはじめ、職業上重要な書物をウェディングケーキのモチーフに選びました。よく見ると、弁護士記章型のマカロンまで添えてある……!

 このケーキをMizuguchiさんがTwitterで紹介したところ、「ケーキと気付かなくて最初は意味が分からなかった」「ドラえもんの『暗記パン』みたいな効果がありそう」など、大きな反響を呼びました。

 ケーキを手掛けたのは、広尾(東京都港区)のオーダーメイドケーキ専門店「BON SWEETS&CONGRATS!」に勤める江口基さん。Mizuguchiさんとは20年来のバンド仲間という縁もあって、六法ケーキ作りが始まりました。


六法ケーキ 同店が手掛けたケーキの数々

六法ケーキ

六法ケーキ

六法ケーキ 正統派からネタ系までさまざま

 江口さんが特にこだわったのは、表紙の細かいテキストと、サイズ感の再現。「実寸の比率にならったことで、実物を知る人が「おぉ!!」となっていただけるような仕上がりにできました」と、ねとらぼの取材に答えました。


六法ケーキ 有斐閣のロゴも雰囲気ばっちり

 質感の再現も苦心したポイント。紙の本に見えるよう、光沢や色味を試行錯誤し、表紙とページのサイズに微妙な差を付けるなどして、リアルな見ばえを実現したといいます。


六法ケーキ 裏側から見ると、本の小口やカバーの折れまで作り込まれていると分かる

 こうしてすばらしいケーキを生んだ江口さんですが、新型コロナウイルスの影響で多くのイベントが中止になったことから、お店は存続の危機にあるそうです。この苦境を乗り切るべく、BON SWEETS&CONGRATS!はクラウドファンディングを実施。支援コースは2000円から50万円まで、デコレーションケーキのキット(4500円)やオーダーメイドケーキギフト券(1万円〜5万円)などのリターンを用意しています。

協力・画像提供:Eisuke Mizuguchi(@eisukewater)さん/BON SWEETS&CONGRATS!の江口基さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙