連載
» 2020年05月25日 18時30分 公開

定年退職した夫から受ける暴言&暴力。加藤諦三が示した選択肢は「母親代わりになるか別れるか」 「テレフォン人生相談」先週のハイライト (1/2)

う、うーん……。

[北村ヂン,ねとらぼ]

 「テレフォン人生相談」(ニッポン放送・月〜金曜11時〜)先週のハイライト。今回ピックアップしたのは5月22日(金)放送の加藤諦三パーソナリティー回。

 長年にわたって夫から暴言&暴力を振るわれてきたという相談。

テレフォン人生相談

顔面を殴られて、鼻骨を折られた

 相談者は69歳女性。夫73歳。娘45歳。息子43歳。子どもたちは既に独立しており、現在は夫とふたり暮らし。

 夫から攻撃的な言葉を投げつけられたり、高圧的な態度を取られているという相談者。

 「普通に話してても『お前はさげまんだ』とか『うるさい、黙れ』とかって言い出したり。『オレの金で生きてるくせに、オレに逆らうのか!』って、こういう風になっちゃうんですね」

 いきなり最悪の暴言が……。相談者以外にも、何かと他人に対する悪口を言っているという夫。そこで「そんなことないんじゃない?」なんて反論すると「オレに対して意見するのか!」と激昂するという。加藤諦三が心理を解説する。

 「例えば『加藤諦三は愚かだ、アホだ』って(夫が)批判してるのはね、何も加藤諦三がアホだって言ってるんじゃなくて、『オレはこんなに偉いんだぞ』『オレはこんなにすごいんだぞ』っていうことを言ってるわけですよ。その時に『そんなことないんじゃない?』って言われたら、自分のプライド、ズタズタに傷付けられるわけですよ」

 劣等感の強い人ほど、攻撃的で他人を批判するものらしい。

 「最初のうちからそうだったの? それとも……」

 「いやあ、(結婚して)だいぶ経ってからですね。20年くらい経ってから。ちょっと会社でも大変な位置にいて」「そういうストレスもあったのかもしれないですけど……その時に殴られたりしました」

 言葉だけじゃなくて、暴力もか。

 「顔面殴られて、鼻骨っていうんですかね。それを折られたというか……」

 「鼻骨が折れるほど!?」

 予想以上のDVに、加藤諦三も驚きの声を上げる。そんな感じなので当然、子どもたちも実家には寄りつかず。相談者に対してはメールや写真を送ってきたりするものの、夫には連絡すらしないという。

 「もうちょっと穏やかにね……。今さら別れるっていうのも何ですから。穏やかに過ごしたいんですけれども」

テレフォン人生相談

 いやあ、今さらでも別れた方がいいと思うけど。

 「73歳ですから会社は定年ですよね? 定年後は不機嫌なんですか?」

 「そうですね、やることがないっていうか。『何にも面白くない、毎日何したらいいんだ』って」

 「それは面白くないでしょうね、社会的立場がなくなってきて、子どももいなくなってしまって。アナタがご主人と一緒になって『世の中アホばっかりだねぇ』って嘆いてくれればいいんだけれども『あの人そんなことないわよ』って言われて……」

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン