ニュース
» 2020年05月26日 18時08分 公開

「ガスト」など深夜営業を廃止 すかいらーく、グループ全店で原則23時30分閉店に

ライフスタイルの変化に対応します。

[ねとらぼ]

 すかいらーくホールディングス(HD)は5月26日、「ガスト」などグループ全店の営業終了時間を、7月1日から原則23時30分に変更し、日をまたぐ深夜営業を原則廃止すると発表しました。新型コロナウイルスの影響で変化するライフスタイルに迅速に対応するとしています。

フォト すかいらーくグループ全店で深夜営業廃止

 ガストや「バーミヤン」「ジョナサン」「夢庵」などグループの約2600店舗が対象。従来の閉店時間が23時30分より早い店舗は従来通りとします。

 新型コロナウイルスの終息後も、在宅ワークや日常の買い物など、生活の中心がランチタイム、ディナータイムに移行し、深夜時間帯のニーズが減ると想定。一方、宅配やテイクアウト需要が拡大するとみて、ランチ・ディナータイムに人的資源を集中します。

フォト デリバリーとテイクアウトの売り上げが伸びている(ニュースリリースより)

 また、外食業界で人手不足が深刻化する中、深夜営業の短縮を通じて職場環境を改善し、女性やシニアの活躍を推進していきます。

 深夜帯で働く従業員には、別の時間帯での出勤を交渉していくとのことです。また、宅配やテイクアウト需要に対応することで新規の雇用も創出していくとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.