ニュース
» 2020年05月27日 18時00分 公開

7色に光る都庁に「ゲーミング都庁」とツッコミ続出 本来の主旨は感染症の警戒状況だけれど (1/2)

光りもの、はやってますしね(そういうことではない)。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 5月25日の緊急事態宣言解除を受けて7色にライトアップされた東京都庁が、「ゲーミング都庁」だと指摘され話題を呼んでいます。そんな風に言われてしまったら、もう都庁がいかついデスクトップPCにしか見えないじゃないか……。


都庁 ゲーミング都庁(東京都防災アカウントから)


都庁 日中の都庁


 このライトアップは本来、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)対策の緩和と再要請を検討する「7つのモニタリング指標」の状況を示すための施策。毎日20時から24時に実施され、「東京アラート」(警戒宣言)発令の際は、色が赤に変わるとのことです。


 その7色の輝きは「ゲーミングPC」や「ゲーミングキーボード」、「ゲーミングヘッドセット」といった、近年何かと光りがちなPCゲーム関連のアイテムにそっくり。そのように、Twitterユーザーが投げかけた指摘は、広く共感を呼びました。現在は「ゲーミング都庁」でTwitterを検索すると、都庁のゲーミング感を伝える写真が多数ヒットします。願わくば、その色が赤くなりませんように。


都庁 「ゲーミング○○」のイメージ(画像はロジクール製デバイスの設定ソフト)


都庁 赤くなりませんように

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.