ニュース
» 2020年05月27日 18時15分 公開

セブンの定番シュークリームがリニューアル! 実際に食べてみた

「シュー・ア・ラ・クレーム」に切り替わり。

[今北もぐ,ねとらぼ]

 セブン-イレブンは5月26日、定番のシュークリームを見直した「シュー・ア・ラ・クレーム」を発売しました。ねとらぼ編集部で実食レポートします。

シュークリーム シュークリームがリニューアル

 これまでセブン-イレブンは、「THE SEVEN SWEETS」シリーズとして「濃厚バニラカスタードのシュークリーム」を販売。今回の「シュー・ア・ラ・クレーム」発売に合わせて、順次切り替わるもようです。両者を食べ比べてみました。

 セブンは「バスクチーズケーキ」「イタリアンプリン」「ふんわりクリームシフォン」などパッケージの雰囲気をそろえて展開しており(「セブンのスイーツ」のブランディング構築の一環と見られます)、「シュー・ア・ラ・クレーム」もそのラインに乗ったデザインです。製造者は「濃厚バニラカスタードのシュークリーム」と同様にシェフォーレです。

 今回のリニューアルは、カスタードクリームとシュー皮を見直したとのこと。食べ比べるとはっきり違いがわかるのがシュー皮でした。

シュークリーム 左:「シュー・ア・ラ・クレーム」、右:「濃厚バニラカスタードのシュークリーム」
シュークリーム 大きさはほとんど一緒
シュークリーム 高さがちょっと違います
シュークリーム シュー生地の違いがけっこうはっきりとわかるリニューアル

 「濃厚バニラカスタードのシュークリーム」は、シュー皮の間に空気を入れて焼き上げているのですが、「シュー・ア・ラ・クレーム」はややしっかりした食感(原材料名にも「クッキー生地」が加わりました)。発酵バター配合の生地と、香ばしさを重視した生地の2層仕立てで焼き上げているようで、ボリューム感はやや控えめになりましたが、生地の香ばしさや存在感を感じるように。

 クリームは「エグパティシエール」というタマゴを使っているのをアピールポイントとしていますが、もともとリニューアル前からカスタードクリームの風味は濃厚でしっかりしているので、そこまで大きな違いは感じられませんでした。なめらかで食べやすく、くどくない甘さのカスタードクリームです。

 変わっているのは価格、カロリー、糖質など。「濃厚バニラカスタードのシュークリーム」は129円(税込、以下同)、229キロカロリー、糖質16.2グラム。「シュー・ア・ラ・クレーム」は140円、185キロカロリー、糖質13.1グラムとなりました。しっかり皮のシュークリームが好きな方におすすめのリニューアルです!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2008/04/news130.jpg レディー・ガガ、渡辺直美の「Rain On Me」パロディーMVを絶賛 早くも“1000万回再生”に迫る勢いに
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2008/03/news017.jpg 母犬「私の赤ちゃんを助けて……」 真冬の排水管で暮らすワンコ親子を保護→元気に成長した姿に涙があふれる
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2008/04/news071.jpg 「何で顔を隠すの?」 安藤美姫、娘とテレビ初共演 “顔出し”解禁は娘の一言が転機に
  6. /nl/articles/2008/03/news094.jpg 「子どものため」って何だろう? 手作りの食事にこだわりすぎてうつ病になったお母さんが、「ポテサラ事件」に思うこと
  7. /nl/articles/2008/03/news020.jpg ブロックたたき骨折、謎キノコ食べて下痢 無謀過ぎる男を描いた4コマ「マリオになりたかった男」ラストで感動が押し寄せる
  8. /nl/articles/2008/03/news109.jpg 「半沢直樹」大和田、再び“土下座”なるか? 伊佐山と裏で結託するも……怒濤の展開にネット考察盛り上がる
  9. /nl/articles/2008/03/news064.jpg LINEヘルスケア、悩む人に「死ぬのが正解」「低レベル」「ガキンチョ」と言い放ち炎上 登録医師の「利用規約違反」があったと謝罪
  10. /nl/articles/1906/06/news080.jpg 「顔はお父さん、全体はお母さんの遺伝子が」 仲村トオルの娘・ミオが初グラビア、“176センチ”の抜群なスタイル披露