ニュース
» 2020年05月27日 18時15分 公開

セブンの定番シュークリームがリニューアル! 実際に食べてみた

「シュー・ア・ラ・クレーム」に切り替わり。

[今北もぐ,ねとらぼ]

 セブン-イレブンは5月26日、定番のシュークリームを見直した「シュー・ア・ラ・クレーム」を発売しました。ねとらぼ編集部で実食レポートします。

シュークリーム シュークリームがリニューアル

 これまでセブン-イレブンは、「THE SEVEN SWEETS」シリーズとして「濃厚バニラカスタードのシュークリーム」を販売。今回の「シュー・ア・ラ・クレーム」発売に合わせて、順次切り替わるもようです。両者を食べ比べてみました。

 セブンは「バスクチーズケーキ」「イタリアンプリン」「ふんわりクリームシフォン」などパッケージの雰囲気をそろえて展開しており(「セブンのスイーツ」のブランディング構築の一環と見られます)、「シュー・ア・ラ・クレーム」もそのラインに乗ったデザインです。製造者は「濃厚バニラカスタードのシュークリーム」と同様にシェフォーレです。

 今回のリニューアルは、カスタードクリームとシュー皮を見直したとのこと。食べ比べるとはっきり違いがわかるのがシュー皮でした。

シュークリーム 左:「シュー・ア・ラ・クレーム」、右:「濃厚バニラカスタードのシュークリーム」
シュークリーム 大きさはほとんど一緒
シュークリーム 高さがちょっと違います
シュークリーム シュー生地の違いがけっこうはっきりとわかるリニューアル

 「濃厚バニラカスタードのシュークリーム」は、シュー皮の間に空気を入れて焼き上げているのですが、「シュー・ア・ラ・クレーム」はややしっかりした食感(原材料名にも「クッキー生地」が加わりました)。発酵バター配合の生地と、香ばしさを重視した生地の2層仕立てで焼き上げているようで、ボリューム感はやや控えめになりましたが、生地の香ばしさや存在感を感じるように。

 クリームは「エグパティシエール」というタマゴを使っているのをアピールポイントとしていますが、もともとリニューアル前からカスタードクリームの風味は濃厚でしっかりしているので、そこまで大きな違いは感じられませんでした。なめらかで食べやすく、くどくない甘さのカスタードクリームです。

 変わっているのは価格、カロリー、糖質など。「濃厚バニラカスタードのシュークリーム」は129円(税込、以下同)、229キロカロリー、糖質16.2グラム。「シュー・ア・ラ・クレーム」は140円、185キロカロリー、糖質13.1グラムとなりました。しっかり皮のシュークリームが好きな方におすすめのリニューアルです!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」