ニュース
» 2020年05月27日 20時00分 公開

「ブランドにこだわらず大好きな服を着よう」 店員さんの意外な一言で、お洋服がもっと好きになった話

当たり前だけど、意外と気づかない。

[ねとらぼ]

 ハイブランドの店員さんからのある一言で、好きな服に自信を持てるようになったエピソードを描いた漫画がすてきです。「目からうろこが落ちた」という店員さんの意外な言葉って……?

ハイブランドの店員さんの意外な一言 おしゃれなブランド店員さんがこっそり教えてくれたことって?

 漫画の作者は皿 割子さん。TwitterInstagramで服にまつわるイラストや漫画を公開しています。

 ある日、ハイブランドのお店にお買い物をしに行った割子さん。お会計の際に接客してくれた店員さんから、ふいに「そういえば、そのワンピースどちらのものですか? かわいい〜」と着ていたお洋服を褒められました。

 嬉しいはずのその言葉に、思わず「えっ」と返してしまう割子さん。というのも、そのワンピースはお手頃な価格のもの。デザインと素材感が大好きでお気に入りではあるものの、ハイブランドの価格帯とは全く異なるお洋服のことを聞かれた割子さんは、「ブランドではないので…」と挙動不審にぎみに答えます。

ハイブランドの店員さんの意外な一言

 すると、店員さんから意外な答えが。「大きい声では言えないんですけど…私たちも自分のとこの服ばかり買えるわけではないので…お手頃服も買います」……確かに、ハイブランドのお洋服って月に何枚も買えるものではないですよね……!

 この言葉を聞き「そりゃそうだ」と目からうろこが落ちた割子さん。すてきなブランドの店員さんであっても、ふだんはお手頃おしゃれを楽しんでいると知り「ブランドにこだわらず大好きな服を着て楽しくお買い物しよう!」と思えるようになったたといいます。

ハイブランドの店員さんの意外な一言

 自分にとってちょっといいものを買う時は緊張するもの。特に、いいお洋服を買いに行く時は、この服で入って大丈夫かな? 変に見られていないかな? と心配になってしまうこともありますよね。

 割子さんは、現在では「最高の1日にするぞ! という気持ちで組んだコーディネートなら、ブランドなどは関係なく素敵なんじゃないか」と思っているそうで、「今後も大好きな服を着て憧れのお店にどんどん挑戦しようと思います」と語っています。

 値段やブランドに関係なく、自分が好きだと思える服があると、お出かけがもっと楽しくなりそうですね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる