ニュース
» 2020年05月27日 20時00分 公開

「ブランドにこだわらず大好きな服を着よう」 店員さんの意外な一言で、お洋服がもっと好きになった話

当たり前だけど、意外と気づかない。

[ねとらぼ]

 ハイブランドの店員さんからのある一言で、好きな服に自信を持てるようになったエピソードを描いた漫画がすてきです。「目からうろこが落ちた」という店員さんの意外な言葉って……?

ハイブランドの店員さんの意外な一言 おしゃれなブランド店員さんがこっそり教えてくれたことって?

 漫画の作者は皿 割子さん。TwitterInstagramで服にまつわるイラストや漫画を公開しています。

 ある日、ハイブランドのお店にお買い物をしに行った割子さん。お会計の際に接客してくれた店員さんから、ふいに「そういえば、そのワンピースどちらのものですか? かわいい〜」と着ていたお洋服を褒められました。

 嬉しいはずのその言葉に、思わず「えっ」と返してしまう割子さん。というのも、そのワンピースはお手頃な価格のもの。デザインと素材感が大好きでお気に入りではあるものの、ハイブランドの価格帯とは全く異なるお洋服のことを聞かれた割子さんは、「ブランドではないので…」と挙動不審にぎみに答えます。

ハイブランドの店員さんの意外な一言

 すると、店員さんから意外な答えが。「大きい声では言えないんですけど…私たちも自分のとこの服ばかり買えるわけではないので…お手頃服も買います」……確かに、ハイブランドのお洋服って月に何枚も買えるものではないですよね……!

 この言葉を聞き「そりゃそうだ」と目からうろこが落ちた割子さん。すてきなブランドの店員さんであっても、ふだんはお手頃おしゃれを楽しんでいると知り「ブランドにこだわらず大好きな服を着て楽しくお買い物しよう!」と思えるようになったたといいます。

ハイブランドの店員さんの意外な一言

 自分にとってちょっといいものを買う時は緊張するもの。特に、いいお洋服を買いに行く時は、この服で入って大丈夫かな? 変に見られていないかな? と心配になってしまうこともありますよね。

 割子さんは、現在では「最高の1日にするぞ! という気持ちで組んだコーディネートなら、ブランドなどは関係なく素敵なんじゃないか」と思っているそうで、「今後も大好きな服を着て憧れのお店にどんどん挑戦しようと思います」と語っています。

 値段やブランドに関係なく、自分が好きだと思える服があると、お出かけがもっと楽しくなりそうですね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン