ニュース
» 2020年05月28日 19時30分 公開

IT駆使する現代的な死神が死者を送る漫画 「クスリ」と「しんみり」がいい塩梅で人気 (1/2)

[Tomo,ねとらぼ]

 寿命を迎えた人を死神っぽくない死神が迎えに来る漫画が、ユーモラスでありつつしんみりする内容で人気を集めています。作者はWebに漫画やイラストを投稿しているきゃめろん(@cameron_mrv)さん。

 病院のベッドに横たわる高齢の女性のもとに、シャツに黒いネクタイ姿の3人の男性が現れます。彼女にしか見えない彼らは、フューネラルサービス「G.R.I.M」と名乗り、人間に死神と呼ばれる存在だと説明します。

謎の3人組が病室に現れてPCにプロジェクターを……?

 死神といいつつ、その仕事ぶりは現代の会社員のよう。USBメモリを使って女性の記憶をコピー、ノートPCで記憶から“走馬灯”映像を編集して上映、とハイテク機器を駆使。“神編集”の走馬灯映像を焼いたBlu-rayや、自分の葬儀のライブ中継をあの世から見られる動画配信サービスと、充実のサービスで死者をあの世に送ります。

 PCやスマホなどハイテク機器を駆使する死神らしからぬ仕事の様子がユニークです。いきなり見知らぬ3人組が現れ、頭にUSBメモリを刺されて戸惑う女性の様子と、淡々と仕事を進める3人の対比もクスリときます。

 軽妙なギャグが散りばめられ、ふふっと笑いが漏れつつも、女性が家族に別れを告げる場面ではじんわりと来る……死をテーマにしながらも、しめやかなお見送りのあとで「はい撤収ーーー!」と次の現場に向かうサバサバとした死神の描写が雰囲気を明るく和らげ、コメディとしんみりのバランスが絶妙な作品です。

 読者からは「死という重たい部分をいい意味で楽しく前向きに捉えられるような作品だと感じました」「めっちゃいい話なのにコメディーも挟んでててめっちゃ面白いです」と好評。続きを読みたいという声に、きゃめろんさんは「まったり更新していきます」とコメントしています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」