ニュース
» 2020年05月29日 21時00分 公開

モナ・リザやカエサルを現代風にしてみたら? 教科書で見る絵や像が様変わりしたイラストが楽しい (1/2)

息を吹き返したみたいにリアル。

[関口雄太,ねとらぼ]

 博物館に展示される歴史的な人物を現代風に描いたイラスト作品が注目を集めています。


昔の彫像や絵を現代風にしたイラスト すっかり様変わりしてるのにどこか似てておもしろい カエサルが現代風に変身(画像はInstagramより)

 Instagramのアカウント「royalty_now_」では、ベッカ・サラディンさんがつくる数々の作品を公開しています。「Royalty Now(王族の今)」という名前のとおりに、主にフランスのマリー・アントワネットやローマのカエサルなど歴史的な偉人がモチーフ。今っぽいファッションにリメイクした姿が特徴です。まったくあたらしい表情と雰囲気なのに、どこか歴史を感じさせる威厳があります。



 モデルとして取り上げられるのは、実在した人物だけではありません。レオナルド・ダ・ヴィンチの作品として知られる「モナ・リザ」もすっかり現代になじんだ姿で顔をみせています。さまざまな研究が行われてきた魅力的な作品だからか、どこか非現実的でミステリアスな表情が印象的です。



 モンゴルの部族統一で知られるチンギス・カンは、画像だけでなくメイキング動画も公開。どうやら肖像画と実在する人物の写真に加工を施して、作品に仕上げているようです。



 他にもクレオパトラやリンカーンなどが作品として登場。まるで表情がわからないボロボロの彫像からも、写真のように魅力的な顔を描いています。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.