ニュース
» 2020年05月29日 18時00分 公開

「ネットの発言と自由な未来を脅かす」 Twitter、トランプ大統領によるSNSを狙った大統領令を批判

Twitterがトランプ大統領に強く反発。

[関口雄太,ねとらぼ]

 米Twitterは、トランプ大統領が「SNS企業の検閲を防ぐ」として大統領令に署名したことに対して、強く反論するコメントを発表しました。



 発端とされるのは、数日前にトランプ大統領の郵送投票に関するツイートに、Twitterが「要事実確認」のラベルをつけたこと。大統領は「言論の事由の弾圧」「大統領として許さない」と猛反発していました。また以前にも大統領は、Twitterは反保守派的で偏っていると批判していました。


「復古的かつ政治的なやり口」「ネットの発言と自由な未来を脅かす」 Twitter、トランプ大統領による大統領令を批判 「要事実確認」のラベル(画像はTwitterより)


 トランプ大統領が署名した「オンライン検閲防止に関する大統領令」は、言論の自由を守るため、SNSによる情報検閲に反対するというもの。TwitterやFacebook、YouTubeなどの具体的な名称を出し、「(ソーシャルメディアは)情報を検閲、削除するなどして、巨大な力により人々が目にするものを制御してきた」とその影響力を説明しています。

 なかでもTwitterに関する記述は辛らつで、「サイト健全性の担当者は、自身のツイートで政治的な偏りを見せびらかした」とピンポイントでTwitterサイト健全性責任者のヨエル・ロス氏を批判するような文章もみられます。

 大統領令では、具体的には「Communications Decency Act(通信品位法)」の第230条に触れています。SNSなどのプラットフォーム運営企業は、ユーザーが投稿した内容の「発行者」として扱われないとして免責する条項。これについて、プラットフォーム運営企業が利用規約違反でないコンテンツの削除やアクセス制限を行った場合は免責の対象とするべきではないと述べています。


「復古的かつ政治的なやり口」「ネットの発言と自由な未来を脅かす」 Twitter、トランプ大統領による大統領令を批判 「オンライン検閲防止に関する大統領令」(画像はThe White Houseより)

 Twitterのパブリックポリシーアカウントは、トランプ大統領の行動に対し反論。「この大統領令は、決定的な力を持つ法律に対する復古的かつ政治的なやり口です。第230条は、アメリカにおけるイノベーションと表現の自由を保護し、民主的な価値観により支えられています。それを一方的に侵食しようとする試みは、インターネットでの発言と自由な未来を脅かすことです」と述べています。「復古的」や「インターネットの自由な未来を脅かす」といった強い言葉を選び、反対の立場を表明しました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声