ニュース
» 2020年05月30日 19時30分 公開

絵本から抜け出した白雪姫とマッチ売りの少女 2人の関係描く漫画が切ない (1/2)

[ねとらぼ]

 絵本の中から抜け出した白雪姫とマッチ売りの少女、2人の切ない関係を描いた漫画「絵本の話」が読者の心を震わせています。作者はイラストレーター・漫画家のヨシジマシウ(@shiuriri)さん。

 子どものいない間に、絵本の世界を抜け出して出かける白雪姫。小人たちに小言をくらいながら会いに行ったのは、同じく絵本の世界の住人のマッチ売りの少女です。凍えながらマッチを売り続ける少女を、温かい自分の世界へと連れていきたい白雪姫。しかし少女は拒みます。

凍える世界からマッチ売りの少女を救いたい白雪姫ですが……

 他人の物語に関わるのはルール違反。それに、マッチ売りの少女がいる絵本は最後のページが破られていました。だから結末を探さなければならないのです。きっとハッピーエンドだと思うと前向きに話す彼女を、白雪姫は抱きしめて温めます。

 マッチ売りの少女を大切に思う白雪姫。それゆえに彼女はある“ルール違反”を犯していました。それも全てあの結末を防ぐため。永遠に結末を迎えられないマッチ売りの少女も、少女のために業を負った白雪姫も、報われないのが切ない……。不思議な世界観とかわいいキャラクターに引き込まれ、かわいいだけじゃないお話に胸がギュッとなる作品です。

 読者からは「いつか救われないかなぁ」「2人のハッピーエンドをこっそり貼り付けに行きたい」と2人の幸せを願う声が寄せられています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.