「必ず花が咲く日が来るよね」 吉田沙保里、東京アラート発動日に“復興支援ソング”を弾き語り(1/2 ページ)

明日もまた頑張れそう。

» 2020年06月03日 15時30分 公開
[斉藤賢弘ねとらぼ]

 元女子レスリング日本代表の吉田沙保里さんが6月2日、東日本大震災のチャリティーソング「花は咲く」を弾き語った動画をInstagramに投稿。「がんばろー」という願いを込めた歌に、「気持ちのこもったステキな唄とギター」など称賛の声が上がっています。

吉田沙保里 花は咲く 東日本大震災 「花は咲く」を歌い上げる吉田さん(画像は吉田沙保里Instagramから)

 動画は、少し緊張気味の吉田さんがギターをしっかりと爪びきながら、「誰かの歌が聞こえる 誰かを励ましてる」と、よく通る声で歌い始める場面からスタート。続く「花は 花は 花は咲く いつか生まれる君に」の箇所を、情感あふれる調子で歌い上げており、思わずじっと聞き入ってしまう腕前です。4月には「ギターも頑張らないと」とやる気いっぱいにコメントし、アンジェラ・アキさんの「手紙」やDREAMS COME TRUEの「あなたにサラダ」など短期間で演奏してきました。

吉田沙保里 花は咲く 東日本大震災 ミュージシャンの風格を感じる(画像は吉田沙保里Instagramから)
吉田沙保里 花は咲く 東日本大震災 歌うときはいつも真剣な表情(画像は吉田沙保里Instagramから)

 「花は咲く」は、2011年3月11日に発生した東日本大震災の被災地復興を目的としたチャリティーソング。2016年8月に開催されたリオデジャネイロ五輪のメダリスト総勢55人が歌った“リオデジャネイロ メダリストバージョン”も存在し、吉田さんはトップバッターで登場。伸びやかな歌声を披露し、大震災から5年経過した被災地にエールを送っていました。

 見事な弾き語りとともに、「必ず花が咲く日が来るよね がんばろー そんなこと思いながら、この歌を弾いてみました」と、この曲を選んだ理由を明かした吉田さん。緊急事態宣言解除から間もない時期の投稿なだけに、「さおりさんがいうんだから間違いない。必ず花は咲く」「さおりさん見てると生きるって素敵って思えます!」と、復興を願うメッセージに共感する声の他、「疲れたー! って時にさおりさんの歌が聞けて嬉しかったです! 心の栄養になりました」と感謝の言葉も寄せられていました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  3. 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  4. 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  5. 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  6. 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  7. 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
  8. 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  9. 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  10. 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」