ニュース
» 2020年06月03日 15時30分 公開

「必ず花が咲く日が来るよね」 吉田沙保里、東京アラート発動日に“復興支援ソング”を弾き語り (1/2)

明日もまた頑張れそう。

[斉藤賢弘,ねとらぼ]

 元女子レスリング日本代表の吉田沙保里さんが6月2日、東日本大震災のチャリティーソング「花は咲く」を弾き語った動画をInstagramに投稿。「がんばろー」という願いを込めた歌に、「気持ちのこもったステキな唄とギター」など称賛の声が上がっています。

吉田沙保里 花は咲く 東日本大震災 「花は咲く」を歌い上げる吉田さん(画像は吉田沙保里Instagramから)

 動画は、少し緊張気味の吉田さんがギターをしっかりと爪びきながら、「誰かの歌が聞こえる 誰かを励ましてる」と、よく通る声で歌い始める場面からスタート。続く「花は 花は 花は咲く いつか生まれる君に」の箇所を、情感あふれる調子で歌い上げており、思わずじっと聞き入ってしまう腕前です。4月には「ギターも頑張らないと」とやる気いっぱいにコメントし、アンジェラ・アキさんの「手紙」やDREAMS COME TRUEの「あなたにサラダ」など短期間で演奏してきました。

吉田沙保里 花は咲く 東日本大震災 ミュージシャンの風格を感じる(画像は吉田沙保里Instagramから)
吉田沙保里 花は咲く 東日本大震災 歌うときはいつも真剣な表情(画像は吉田沙保里Instagramから)

 「花は咲く」は、2011年3月11日に発生した東日本大震災の被災地復興を目的としたチャリティーソング。2016年8月に開催されたリオデジャネイロ五輪のメダリスト総勢55人が歌った“リオデジャネイロ メダリストバージョン”も存在し、吉田さんはトップバッターで登場。伸びやかな歌声を披露し、大震災から5年経過した被災地にエールを送っていました。

 見事な弾き語りとともに、「必ず花が咲く日が来るよね がんばろー そんなこと思いながら、この歌を弾いてみました」と、この曲を選んだ理由を明かした吉田さん。緊急事態宣言解除から間もない時期の投稿なだけに、「さおりさんがいうんだから間違いない。必ず花は咲く」「さおりさん見てると生きるって素敵って思えます!」と、復興を願うメッセージに共感する声の他、「疲れたー! って時にさおりさんの歌が聞けて嬉しかったです! 心の栄養になりました」と感謝の言葉も寄せられていました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.