SNSも黒一色 米音楽業界が6月2日の業務停止呼びかける「Blackout Tuesday」各界に広がる(1/2 ページ)

Instagramを開いて驚いた。

» 2020年06月03日 16時15分 公開
[城川まちねねとらぼ]

 アメリカで音楽業界が6月2日(現地時間)の活動をストップさせる「Blackout Tuesday」への参加を呼びかけ、アーティストやレーベルなど多くの賛同を得ました。

 これは5月25日(現地時間)に黒人男性ジョージ・フロイドが無抵抗であったにもかかわらず白人警官のデレク・ショーバンに頸部(けいぶ)を膝で押さえ付けられ亡くなったことへの抗議活動の1つとして発生したもの。亡くなった男性は「息ができない」などと懇願しましたが、8分以上にわたり首を踏まれ続け、その様子は一般市民が撮影した動画によってネットで拡散されました。

BlackoutTuesday ジョージ・フロイド TheShowMustBePaused 月曜では週末の続きのようで、金曜までは待てない、だから火曜日にしたという(The Show Must Be PausedのWebサイトから)

 発起人は音楽業界でエグゼクティブとして活動するブリアナ・アギェマンとジャミラ・トーマス。2人は「The show must be paused」と「The show must go on(ショーを止めるな)」をもじったフレーズを掲げ、6月2日の業務を停止しようと呼びかける「Blackout Tuesday」を拡散。「Blackout Tuesday」とは、それぞれが「黒人コミュニティーをサポートするために何をすべきか率直で思慮深く生産的な会話をする日」だとしています。

BlackoutTuesday ジョージ・フロイド TheShowMustBePaused リアーナ 多くのアーティストが真っ黒な画像を投稿(リアーナのInstagramから)
#BlackoutTuesday ジョージ・フロイド #TheShowMustBePaused リアーナ Fenty Beautyのサイトも24時間ストップ(Fenty Beautyのオンラインショップサイトから)

 バルバドス出身の歌手、リアーナもこれに賛同し、真っ黒な画像をInstagramに投稿。「今日は買わないし売らない」と自身の化粧品ブランド「Fenty Beauty」も生産をストップし、オンラインショップからも24時間商品を買えない仕様にしました。

 この他、米歌手のジャネット・ジャクソン、英ロックバンドのザ・ローリング・ストーンズ、米歌手のブルーノ・マーズ、米歌手のライオネル・リッチー、米俳優でラッパーのウィル・スミスなど数えきれないミュージシャンが同じように真っ黒な画像や黒人文化に関する画像を投稿。音楽業界だけではなく、俳優やその他アーティストらにも広がっています。

 さらに大手レーベルのコロムビア・レコード、ソニー・ミュージックレコーズ、ユニバーサルミュージックグループ、キャロライン・レコード、ワーナーミュージックや、米芸能メディアのビルボードも賛同を表明しています。

 また、Apple Music、Spotifyなどの音楽配信サービスも通常の機能が制限され、ブラックミュージックのプレイリストを提供するなどの行動を起こしました。Apple Musicは「私たちはこの日を黒人アーティスト、黒人クリエイター、黒人コミュニティーをサポートするため熟考し、行動を計画するために使います」とツイートしています。

 その他、個人ブランドから大手ブランドまでが賛同を表明しています。スポーツ用品メーカーのNIKEはキャッチコピーである「Just Do It」をもじって「For once, Don’t Do It(今回だけは、やらないで)」と「Blackout Tuesday」運動を促すメッセージを発信しています。

 動画配信サービスのNetflixは、「沈黙は共犯と同じ。私たちはプラットフォームを持っているし、黒人である私たちのメンバー、従業員、クリエイター、タレントは声をあげるべきなのです」とツイート。ソニーもまた「黒人が体験する暴力や差別に対して沈黙するのは共犯と同じ」とツイートし、「行動は言動より雄弁」と続けており、ソニーグループであるソニー・インタラクティブエンタテインメントは6月4日(現地時間)に予定していた新型ゲーム機プレイステーション 5(PS5)向けのオンラインソフト発表会の延期を発表しました(関連記事)。

#BlackoutTuesday ジョージ・フロイド #TheShowMustBePaused ビリー・アイリッシュ 初めは自身の影響を考え慎重に発言しようとしていたというビリー(ビリー・アイリッシュのInstagramから)

 ジョージ・フロイドの事件を受け、白人のアーティストや俳優も強い怒りを隠さず、特権を持つ立場からさまざまな層へ問題を届けるための発言や行動が目立ちました。

 今回拡散されたハッシュタグ「#TheShowMustBePaused」「#BlackoutTuesday」の前に抗議運動とともに広がっていたハッシュタグ「#BlackLivesMatter(黒人の命は大事なもの)」は、2012年に米フロリダ州で17歳の高校生だった黒人少年トレイボン・マーティンが警官に射殺された事件後に発生したもの。再び広がり始めたこの「#BlackLivesMatter」に続いて現れた「#AllLivesMatter(すべての人の命は大事なもの)」というハッシュタグに対して、米歌手のビリー・アイリッシュは自身のSNSで「マジで黙って?」と率直な怒りをぶつけていました。「誰かの家が燃えてまだ人が中にいるってとき、消防車に“まず他の家も全部見てください、すべての家が大切なんだから”っていうわけ?」と白人の特権が存在している事実についてあらためて語りました。

 米歌手レディー・ガガも「言いたいことがたくさんある」と長文メッセージを投稿し、事件に対する強い怒りを示しつつも、「黒人コミュニティーの声は何度も黙殺され続け、命取りになるものだった」「アメリカのありふれた人々は差別主義者です。それは事実です」と冷静に言葉を紡ぎ、アメリカの人種差別を煽るような発言を繰り返してきた米ドナルド・トランプ大統領への批判も繰り広げています。

 さらに米俳優ライアン・レイノルズとブレイク・ライブリー夫妻は事件を受けて全米黒人地位向上協会(NAACP)へ20万ドル(約2200万円)の寄付を発表。「私たちは子どもたちに法律の異なったルールを学ばせ(警官に呼び止められて)車を停めたあと起こるかもしれないことについて心配する必要はありませんでした」「どれだけ組織的な人種差別が深く根付いているか、過去に知らないでいた自分たちを恥じています」と人種差別の現実に無知であったという過去を認め、子どもたちには自分たちの世代とは違った教育をしていく旨をコメントしています。

 これまでにもアメリカではずっと丸腰で無抵抗の黒人が根拠のない疑いを向けられ警官に殺害される事件が続いてきました。ガガのいう通りその声は何度も黙殺されており、今度こそ前進したいと強く願う人々の思いが大きなうねりとなった今回の抗議運動。発端となったブリアナ・アギェマン、ジャミラ・トーマスは「これはただの24時間のイニシアチブではなく、私たちは長い闘いを続けていく」とし、ますます大きな運動に発展していくと予想されます。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  2. /nl/articles/2404/14/news006.jpg 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  3. /nl/articles/2404/13/news010.jpg 「このシステムすごくいい」 東横INNの「フードロス対策」に称賛の声 「全てのホテルに拡大してほしい」
  4. /nl/articles/2402/12/news004.jpg 「もしかして、父ちゃん……?」 窓の外から元保護子猫の姿を見つめる猫の“まなざし”に「泣けてくる」「愛だ」と157万再生!
  5. /nl/articles/2404/13/news024.jpg 2歳息子がイモムシから育て、羽化したアゲハ蝶との別れの日…… 胸を打つ奇跡の光景に「こんな事あるんですね!」「感動をありがとう」
  6. /nl/articles/2404/13/news012.jpg 「このヒートテック、いつ買ったっけ?」→一発でわかる“タグの見方”が600万再生 手放しどきをユニクロに聞いてみた
  7. /nl/articles/2404/14/news031.jpg えっ、これどうなってるの!? どこからボルトを通したのか分からない不思議なDIY工作が興味深い
  8. /nl/articles/2404/14/news007.jpg 家の床に落書きをしてしまった1歳の男の子、「ごめんね」を促されると…… 幼いながらの“誠意”に「速攻で許しちゃいます」「可愛すぎる」
  9. /nl/articles/2404/13/news017.jpg 1歳妹、大好きな18歳兄の登校を泣きながら引きとめて…… やさしい兄の対応と爆笑のオチが430万再生「こりゃ離れられない」「早く帰ってこなきゃ」
  10. /nl/articles/2308/07/news025.jpg 猫嫌いの夫が道で倒れていた子猫を発見、1年後…… 幸せを運んできた猫の成長ビフォーアフターに感動の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」