ニュース
» 2020年06月03日 19時50分 公開

なんて読む? 心が汚れていると読み間違ってしまいそうな文字が発掘され、一部クラスタが騒然

正解は「キ」。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 心が汚れていると、うっかり間違った読み方をしてしまいそうな字が話題です。

キの変体かな まずい、アレにしか、見えない……(法務省・戸籍統一文字情報より)

 平仮名の「や」「お」「い」をつなげて書いたかのように見える謎の文字は、法務省が公開している「戸籍統一文字情報」で見ることができます。戸籍統一文字番号に「900210」を入力し検索すると出てきます。

 法務省の情報によると、正しい読み方は「キ」。文字区分には変体かなとあります。変体かなは、現在使われている平仮名、片仮名に統一される前に使われていた文字で、古い戸籍にはよく登場します。例えば「キ」には、「幾」「喜」「木」など、さまざまな漢字を元にした変体かながあります。

 戸籍では、まだしばらく古い文字を扱わなくてはいけません。戸籍統一文字情報は、戸籍のオンライン手続きに使用することを目的として公開されているものです。見たことがない文字をたくさん見ることができ、眺めているだけでも楽しいサイトです。

 デイリーポータルZの動画コーナー「プープーテレビ」が、2020年5月30日に『戸籍統一文字の見たことない漢字鑑賞会』を公開。これが「やおい」に見えてしまう謎文字発掘のきっかけとなったそうです。

キの変体かな 参考用文字列

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.