ニュース
» 2020年06月04日 19時30分 公開

「カワイイ」ってなんだろう? “カワイイ顔”の子しかいない学校の漫画に「自分らしさ」を考えさせられる(1/2 ページ)

みんなが「カワイイ」顔の学校の不思議なお話。

[林美由紀,ねとらぼ]

 “カワイイ顔”の女の子しかいない不思議な学校を舞台にした漫画が、自分らしさや美しさについて考えさせられると反響を呼んでいます。


カワイイ顔の子しかいない学校の話22 女神像の顔をまねることが「カワイイ」

 主人公・メンコの通う学園には「玄関にある女神像が一番カワイイ」という不思議な価値観があります。女子生徒たちはその像をまねてメイクし、みんな同じような顔。そんな中、メンコは「どのカオもそんなにかわいいか!?」「みんな同じ顔、きもちわるい」と女神メイクはせず、我が道を行っています。


カワイイ顔の子しかいない学校の話05 みんな同じ顔……

 友達の水田は、変な文化だけどこれが流行、という考え方。「メンコはそのままでいんじゃない?」と言う水田も、しっかり女神像メイクをしています。その価値観を「変なの」と思うメンコは、みんなから「ウケる。変わってんね!」と学校では浮いている様子。

 ある日メンコは、ひょんなことから女神像の顔を変える機械を見つけてしまいます。女神像の顔を、ひいてはみんなの顔を変えて遊ぶうちに、メンコは女神像を自分の顔にしてしまえば、自分が一番「カワイイ」になれると思いつくのですが――。

 みんながそれぞれの魅力に目を向けず、誰かに作られた1つの「かわいさ」に向かうこと、本当にそれがよいのか判断することなく「そういうものだ」と同調すること……そんな世の風潮を映したような物語に、個性や自分らしさについて考えさせられます。

 この作品は、作者のMame.(@Yakitori_art)さんが大学で出された「世の中の様々な出来事に怒りではなくチャーミングさをもってして異を唱えよう」という課題で制作したもの。Mame.さんは「漫画のSNSでの拡散されやすさや読み物として楽しめるチャーミングさに目を付けて『女性が持つかわいい顔の共通イメージ』に異を唱え、SNSを通して伝えるというところまでが作品でした」と話してくれました。

 読者からは「魅力とは定義される物ではない。見いだす物なのだ」「なんか、嬉しくなりました。あたしはあたしの自由でいい」といった感想や、「ピンク色の目は自分らしさで青色の目は支配された自分を意味してるのかなぁ」「色の表現方法に惚れました」など色の表現に注目するコメントが寄せられています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」