ニュース
» 2020年06月06日 20時00分 公開

「自家発電でテンションを上げるのは正直大変!(笑)」  古坂大魔王・作曲家「バグベア」がオンライン対談で「2020年注目の音楽」「リモートワークの本音」を語る(1/3 ページ)

「PPAP」に隠された秘密も明らかに。

[Kikka,ねとらぼ]

 PPAPで世界に名をとどろかせた「ピコ太郎」さんのプロデューサー・古坂大魔王さんと、欅坂46の「サイレントマジョリティー」「不協和音」など数々のヒット曲を手掛ける作曲家ユニット「バグベア」による初のオンライン対談が実現。音楽のこと、リモートワークの本音など気になるお話を“オンライン取材”で聞いてみました。


PPAP ピコ太郎 古坂大魔王 バグベア 欅坂46 乃木坂46 モー娘。 オンライン対談を果たした古坂大魔王さんとバグベア。共通の趣味として「ゴジラのフィギュア」を紹介する古坂大魔王さん。こうしたやりとりはStay Homeならではの光景

取材のきっかけはピコ太郎とバグベアのコラボ曲

 取材のきっかけは、5月15日に初披露されたピコ太郎さんの「PPAP バグベアMix」。PPAPをバグベア流にアレンジした楽曲はラジオでの解禁後、SNSやYouTubeを中心にじわじわと話題を集めています。異色のコラボ実現の背景を聞きました。

PPAP バグベアMix

――早速ですが、ピコ太郎さんとバグベアによる「PPAP バグベアMix」が実現したきっかけを教えてください。

こぎみいい(バグベア)コロナ禍の中、「やれることは何だろう」ということをずーっと考えていて。当初は人の心にしみこむようなバラード路線なども検討していたのですが、「その曲が本当に誰かの助けになるのか」と考えてみると、自分としては少し違うのかもしれないと思いました。

 そうした中で出てきたのが、「面白い組み合わせで予想もしなかったことをやる」ということでした。それをやることで誰かが1分でも1秒でも高揚していただけたらという思いで、「PPAPをミックスしたいんです」とダメ元でピコ太郎さんにオファーさせていただきました。


PPAP ピコ太郎 古坂大魔王 バグベア 欅坂46 乃木坂46 モー娘。 オファーの経緯を話すバグベアのこぎみいいさん(左)とここみらいさん(右)

――バグベアさんからの打診だったんですね。オファーを受けたとき、ピコ太郎さん……というか、古坂さんはどういう風に感じましたか。

古坂大魔王ピコ太郎と古坂は別人ですよ〜! 猪木さんに「馬場さんは?」と話しかけちゃってる感じですよ(笑)。

一同:(爆笑)

――大変失礼いたしました……! ピコ太郎さんのプロデューサーという立場から見て、このオファーが届いたときはどう感じましたか。

古坂大魔王えへへ(笑)。私は今年で47歳になるんですけれども、縁というのはすごくあるなと思っているんです。今世の中では毎日“数字”が報道されていますよね。何十万人感染とか、何万人重篤とか。そういったニュースを見ていると、「確かに地球上には70億人ぐらい居るんだな」と。でもその中で「お仕事する人数って死ぬまでに果たしてどれぐらい居るんだろう」「自分が意図した人たちにどれぐらい会えるんだろう」と思いました。だからまずこうしてバグベアさんとご縁ができたことはすごくうれしく思っています。

 僕はAKB48をはじめ、乃木坂46、欅坂46、日向坂46と共演する機会が多いこともあって、よく周りから「どの曲が一番好きですか」って聞かれるんです。ただ僕、ひねくれものなので実はJ-POPはほとんど聞かないんですね。クラシックとプロレスのテーマ曲とゲームミュージックと海外のテクノっていうかなりひねくれたものしか聞かないんですけど、ハマった曲という観点でお話しすると必ず「不協和音」(欅坂46/作詞:秋元康・作曲:バグベア)、「サイレントマジョリティー」(欅坂46/作詞:秋元康・作曲:バグベア)、「制服のマネキン」(乃木坂46/作詞:秋元康・作曲:杉山勝彦)が入ってくるんですよ。

欅坂46「サイレントマジョリティー」
乃木坂46「制服のマネキン」

バグベアありがとうございます!

古坂大魔王例えばモーニング娘。とかも「この曲とこの曲が好き!」と思って調べたら、アレンジが大久保薫さんという作家さんだったり、僕はいつも好きな楽曲に何らかの共通点が見つかるんですが、欅坂46の場合は「不協和音」「サイレントマジョリティー」の両方をバグベアさんが作ってらっしゃったんだと。だから、欅坂46本人たちにも「『不協和音』が一番好きだ」と話しています

欅坂46「不協和音」

古坂大魔王それに加えて僕自身が「こう行ったらみんな喜ぶんだろうな、というところじゃないところを攻めて喜ばせたい」という気持ちがすごいある人間なんです。芸術っていうのは「きちんとした“とんがり”を持っていないと人には刺さらない」と思っているので、バグベアさんとのコラボのお話をいただいたときには「ぜひとも」とお返事させてもらいました。

――「PPAP」は今や世界中のアーティストがコラボしている楽曲になりました。

古坂大魔王そうですね。ただ実は正規のルートでリミックスのオファーを頂いたのは、「W&W」さん(※)と「バグベア」さんぐらいなんですよ。

W&W……オランダのEDMユニット。世界的に活躍しており、2017年からは「NWYR」名義でも活動している。

 「W&W」に関しては2016年に「リミックスをしたい」と言ってくれたのですが、完成したPPAP(W&W Remix)は「次のDJパーティーに行くまでの飛行機の中で作った」って言うんです。この曲はダンスミュージックの祭典「Amsterdam Music Festival 2016」でもプレイされたのですが、僕の中では「あのW&Wが世界的な音楽フェスでPPAPを流した」という事実にぶっ飛びました。

 映像のコラボでは『デスノート』のリュークがコラボしてくれたりっていうのもありましたね。

PPAP(Pen-Pineapple-Apple-Pen)ペンパイナッポーアッポーペン/ Ryuk(死神リューク) feat.PIKOTARO(ピコ太郎)

 また「セサミストリート」の公式YouTubeに出演させていただけたのは特にうれしかったです。「CBCC (Cookie-Butter-Choco-Cookie)」というものをやらせてもらえて、とても光栄でした。

セサミストリート: CBCC (Cookie-Butter-Choco-Cookie) クッキー・バター・チョコ・クッキー フルバージョン/ピコ太郎、エルモとクッキーモンスター

――これまで、関連作品を含めてPPAPはどれぐらい再生されているものなのでしょうか。

古坂大魔王ざっくりとした試算にはなってしまうのですが、約5億再生(ピコ太郎、Ultraチャンネル合算)以上といわれています。 一つ裏話をすると、「PPAPはジャスティン・ビーバーさんがリツイートしたことから一気に認知された」というのがよく知られている話だと思うのですが、実はジャスティンさん本人がリツイートしたのは、フェイクアカウントによるニセモノのPPAPでございまして(笑)

バグベアえぇー!

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙