ニュース
» 2020年06月06日 20時00分 公開

「自家発電でテンションを上げるのは正直大変!(笑)」  古坂大魔王・作曲家「バグベア」がオンライン対談で「2020年注目の音楽」「リモートワークの本音」を語る(2/3 ページ)

[Kikka,ねとらぼ]

古坂大魔王後に取り下げられたものの、結果的に“幻の再生数”になってしまいました(笑)。


PPAP ピコ太郎 古坂大魔王 バグベア 欅坂46 乃木坂46 モー娘。 衝撃の裏話を披露した古坂大魔王さん

――そんなことがあったんですね……! 今回のコラボではそんな「PPAP」に、バグベア流のエッセンスが加わり、新しい作品になったと思います。当初はどういう方向性にしようという構想があったのでしょうか。

こぎみいい(バグベア)今回Mixさせていただくにあたり、まず「PPAP」という曲をひもといていったんですけれども、本当に「なるほどな」の連続で。あまりにも完成されていたので、「どうしたものか」とすごく悩んだんですよ。ギャグっぽいものとか、面白い方向性も検討したのですが、でもそれを中途半端にやったら逆にピコ太郎さんに失礼だなと。

 じゃあ自分たちが中途半端な形ではなく、しっかりやり切れることは何か。と考えたときに、ガラッとかっこよくした方が、「なんでこの人たちこんな本気出してんの?」と逆に新しい笑いが生まれるのかなと気付いて。開き直った方向性で完成したのが「PPAP バグベアMix」でした。

ここみらい(バグベア)今回のMixで気付いたのは「PPAP」自体がものすごく「Big Room」(EDMのジャンルの1つ)と親和性が高い曲かもしれないということでした。「Big Room」は私たちが特に良く聞くジャンルなのですが、「PPAP」自体が「Big Room」なんじゃないかと思うくらいでしたね。本当にやればやるほど楽曲の完成度の高さに驚かされました。

古坂大魔王こんな風に言ってくれる人、今地球上探しても10人ぐらいしか居ないですよ。それを言ってもらうために僕は「PPAP」を作ったかもしれないです

――作曲のプロから見て、「PPAP」を一言で表すとどんな曲になりますか。

こぎみいい(バグベア)武道の達人、です。隙だらけに見えて本当は隙が全くない、それが「PPAP」だと思います。

ここみらい(バグベア)本当に入り込めないぐらい、完成された曲なんですよね。

古坂大魔王僕の音楽はよくスカスカだといわれるんですよ。音圧という意味ではなくて隙間があるという意味で。でも僕自身がずっとやってきているお笑いの世界では「隙間がないと笑いが生まれない」んですよ。

 僕は長年、どうやればリズムに乗ったまま人が笑ってくれるかという「テクノお笑い」というのを研究しているんです。例えば、「踊ると歓喜されるけど、笑われない」とか。だからなるべく、リズムに乗るけど興奮しないBPMを作って、なるべく一瞬で「コイツ何言ってんだろう」って思わせてから、あえて隙間の時間を作る。それを踏まえてお笑いライブでピコ太郎が登場したとき、「PPAP」以上に詰め込み過ぎるとウケなくなっちゃうんですよね。

こぎみいい(バグベア)なるほど、それはすごく納得だなぁ。

古坂大魔王最小限の打撃で最大限の効果を得るためには、「あの長さ」で、「あの音味」だったんです。芸人の世界には「裏笑い」という文化があるんですが、バグベアさんが外枠をしっかり理解してくれた上で出来上がった「PPAP バグベアMix」はある意味、“アーティストの裏笑い”を体現したような曲になったと思います。本当に「PPAP」の真の狙いを分かっていただけたということは、あの子(ピコ太郎)は今すぐ死んでも本望だと思います。

バグベア(爆笑)

古坂大魔王テクノ、特にEDMは山ほどジャンルがあるじゃないですか。そういった中で、あの「PPAP バグベアMix」を聞いたときに、「バグベアでしかないし、ピコ太郎でしかない」と思ったんです、ジャンルとして。

 調和って簡単なように見えて実はすごく難しくて、調和を目指した結果“ゼロ”になることがあるんですね。だけど、「PPAP バグベアMix」に関しては、何周かしてあぁなったんだなっていうのが分かったし、バグベアさんならでは耳なじみのあるシンセリフだったり、トランシーなアルペジオ的なものがしっかり入っていて、リバーブをつけることでウェッティーにしすぎないでまとめていくっていうところがカッコいいんですよね。

こぎみいい(バグベア)分析がすごい! ありがとうございます。

ここみらい(バグベア)うれしいですね!

古坂大魔王あれをベースにもう歌っちゃうっていうのもありかなと思ったぐらいです。歌を適当に入れちゃうっていうね(笑)。そういうバージョンも聞いてみたいですよね。あとはあれの5分間の展開とかも聞いてみたいし。

こぎみいい(バグベア)会場でやったら盛り上がりそうですよね。

古坂大魔王今なかなかね、ライブが客前でできないっていう状況ですけれども、お客さんの前でやったら絶対盛り上がるし、楽しいでしょうね。やりたいですね、ライブ!

――ピコ太郎さんとバグベアさんのコラボ、と聞くと驚いた方もいらっしゃると思うのですが、お話を聞かせていただくと、お二方には結構共通点が多い気がしてきました。

こぎみいい(バグベア)共通点という点でいうと、実は僕たちもJ-POPをあまり聞いてこなかったんです。J-POPの作り手として怒られちゃうかもしれませんが(笑)。特に僕は「J-POP禁止」という家庭だったので、クラシックと洋楽しか聞いちゃいけないという生活を送っていました。中学生ぐらいのときに反動で一気にJ-POPを聞き始めたんですが、やはり根底には洋楽があって。バグベアのルーツはダンスミュージックだと思いますし、メロウなのが結構好きで、僕たちは特にADMが好きですね。アーティストとしては自分はAvicii(アヴィーチー)が一番好きです。

ここみらい(バグベア)私はMike Williams(マイク・ウィリアムス)さんが特に好きで、海外のDJジャンルを良く聞きます。

古坂大魔王日本の音楽っていうのは全然聞かなかった感じですか。「これは良いかな?」みたいなのはありましたか。

ここみらい(バグベア)私が子どものころ一番ハマったアーティストは「19」だったんですよ。ラジオまで聞くぐらい、ハマっていましたね。そこから「FUNKY MONKEY BABYS」「mihimaru GT」という流れですごく良く聞いていました。


PPAP ピコ太郎 古坂大魔王 バグベア 欅坂46 乃木坂46 モー娘。 「mihimaru GT」の名前に驚く古坂大魔王さん

古坂大魔王確かに王道J-POPという感じではないけど、流れはありますよね。mihimaru GTに関して僕は一緒にツアーを回ったり一緒に活動をしたりしていましたが、日本のRap「J-Rapはダサい!」といわれている中で、J-POPにRapを混ぜて「Hip Pop」というジャンルを自称したりもしていたのをよく覚えています。

こぎみいい(バグベア)「mihimaru GT」さんが当時言っていた「ラップソング」という表現はすごく気に入っていて、僕たちも時々使わせていただいています。

古坂大魔王うれしいですね〜。僕の方は子どものときというと、ドリフターズの志村けんさんにあこがれて、ビートたけしさんを見て、「とんねるず」さんにハマってと、もともとお笑いにしか全く興味のない人間だったんですよね。ところが、ドリフもとんねるずもは実は“音楽お笑いコント”をやっていたんですよ。そこで自分はカッコいい音楽がお笑いに付いてくるのが好きなんだと気付きました。

 だから小学校3年生で「お笑いやる」って決めてから、自分のお笑いライブに使える音楽を探し続けてきました。それこそ自分でカセットデッキを2台準備して、歌って、そこにハモリを入れて。リズムマシーンなんてなかったから、スピーカーマイクロフォンを指でトントンたたいて4つ打ちを作ったり。出身が青森で周りにそういうのに詳しい人が全然居なかったんでね(笑)。

こぎみいい(バグベア)すごすぎる(笑)。

古坂大魔王あとずっと好きなのはゲームミュージックですね。「イースシリーズ」「ファイナルファンタジーシリーズ」などの音楽。

 J-POPで唯一ガッツリハマったのは、キョンキョン(小泉今日子さん)とUNICORN(ユニコーン)ですね。お二方ともものすごくパンクな人で、特にUNICORNは打ち込み曲もバンバンあったりして、「このピコピコドンドンって何なんだろう」と思って。東京へ来て、ピコピコドンドンを探して間違えてRapばっかり買っちゃって(笑)。「ダンスミュージック」って書いてあるのを買うと、大体「Rapミュージック」なんですよね(苦笑)。

 当時はM.C.ハマーとかダンス甲子園が流行っていたころでしたが、僕は「The Prodigy(プロディジー)」「The Chemical Brothers(ケミカル・ブラザーズ)」といったデジタルロックと出会ったんですよ。そこからは「Underworld(アンダーワールド)」などを聞いて行ったんですが、僕の場合は洋楽っていうよりはピンポイントなんです。テクノからのデジタルロック、トランス、ハードハウス、そしてEDMという流れ。EDMだとDJ Snakeが好きなんですが、本当に良い意味で頭がおかしいというか、バケモンかなと思います。

古坂大魔王が今注目しているアーティストは

――最近注目しているアーティストはいますか。

古坂大魔王重盛さと美feat.友達TOKYO DRIFT FREESTYLEには驚かされましたね。

重盛さと美feat.友達 TOKYO DRIFT FREESTYLE

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/08/news015.jpg 大好きな飼い主に、元保護猫がダイナミックハグ!! 「おかえりー!」と飛びつく姿に「かわいすぎる」の声
  2. /nl/articles/2112/08/news122.jpg ビジュアル系バンド「nurie」小鳥遊やひろさん、追突事故に巻き込まれ逝去 他メンバーも病院へ搬送
  3. /nl/articles/2112/07/news156.jpg 渡辺直美、NYで運転免許取得も「絶望」 “不意打ち”顔写真採用に困惑「どんな表情でどんな髪型なの?」
  4. /nl/articles/2112/06/news051.jpg お風呂に呼ぶ父に息子が「行けるわけなかろーもん」 猫さまとラブラブな光景に「息子さん正しい」と賛同の声
  5. /nl/articles/2112/06/news149.jpg 47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
  6. /nl/articles/2112/08/news086.jpg 【その視点はなかった】常に丁寧口調の同僚に、評判の悪い人への印象を聞くと「こちらも親指が下がる思い」と低評価
  7. /nl/articles/2112/08/news100.jpg 井上和香、6歳娘と“笑顔いっぱい”温泉旅行2ショット 「娘との関係がうまくいかない」と育児に悩んだ過去も
  8. /nl/articles/2112/08/news024.jpg 猫「え……それ私のおやつでは??」 困惑の表情で風呂場に立ち尽くす猫ちゃん、かん違いする姿がかわいい
  9. /nl/articles/2112/07/news029.jpg 「キッチンから落ちゆく猫」 ペットシッターさんがとらえた決定的瞬間の写真に「動画で見たい!」「犬神家みたいw」
  10. /nl/articles/2112/08/news081.jpg 矢田亜希子、豊川悦司とのドラマ「愛していると言ってくれ」兄妹2ショット ファン「これはエモい」「私の青春だ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  3. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  4. 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  5. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  6. ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  8. アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  9. 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  10. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」