ニュース
» 2020年06月06日 20時00分 公開

「自家発電でテンションを上げるのは正直大変!(笑)」  古坂大魔王・作曲家「バグベア」がオンライン対談で「2020年注目の音楽」「リモートワークの本音」を語る(3/3 ページ)

[Kikka,ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3       

古坂大魔王TOKYO DRIFT FREESTYLEの音楽を使って自分のお家で撮影して作ったというMVがもう秀逸でして。よくできているし、何よりもかわいい。女子のかわいいを全部あそこに詰め込んだんじゃないかっていう作品で、今840万再生ぐらいいってます(2020年6月時点)。動画的に本当に素晴らしいです。

 あと、ダンサーでKaycee rice(ケイシー・ライス)っていう10代の女の子がいるんですけれども。この人のダンスはもうね、音楽なんですよ。音楽の中でこの人が音楽を作って踊っているような感じなんです。

動画が取得できませんでした
Dua Lipa - Don't Start Now | Kaycee Rice & Sean Lew Choreography | On The One | Radio Disney

こぎみいい(バグベア)僕はベタなんですけど、Dua Lipa(デュア・リパ)ですかね。

古坂大魔王Dua Lipaは最高!

こぎみいい(バグベア)最高ですよね! MVとかリリックビデオも秀逸で見ちゃいますね。

Dua Lipa - Don't Start Now (Official Music Video)
Dua Lipa - Cool (Official Lyrics Video)

古坂大魔王煽って煽って、サビどう来るか!? というところでのあの外し方は天才ですよね。本当素晴らしい。

こぎみいい(バグベア)あとすごく最近だと、Lady Gaga(レディー・ガガ)と Ariana Grande(アリアナ・グランデ)の「Rain On Me」は良いですね。あの映像を懐かしい雰囲気のサウンドと合わせているのが面白いです。

Lady Gaga, Ariana Grande - Rain On Me (Official Music Video)

こぎみいい(バグベア)最近90年代みたいな雰囲気が流行っていますよね。1周してカッコいいというか。

古坂大魔王流行っていますね。きっと若い子からすると“新しい”んでしょうね。僕らは2周目、3周目という感じで(笑)。リアルタイムではないんですが、ギリギリYMO(イエロー・マジック・オーケストラ)を聞いてる世代ですからね。「スネークマンショー」というラジオコントの合間にテクノが流れていて、ゲームミュージックと言えばファミコンの音源ぐらいしか音がなかったあの時代に、あのテクノの音はすごいですよ。世の中に存在しない楽器で音楽をやっているっていうことですからね。それに打ち込みの良さがあるっていうか、だからバグベアさんの音が好きだったりするんですよ。ここみらいさんはいかがですか。

ここみらい(バグベア)少し前の曲になってしまうんですが、Mike Williams x Dasticの「You & I」っていう曲のアレンジが素晴らしいなと思って。あの技を習得したいなと思っていますね。

Mike Williams x Dastic - You & I (Official Music Video)

古坂大魔王海外、とくに欧米系のアレンジのテクニックって、「これどうやってんだろうな?」っていうのありますよね。

こぎみいい(バグベア)あとはK-POPで「Zimzalabim」という曲があるんですけれど。

Red Velvet Zimzalabim MV

古坂大魔王あ! Red Velvet!? あれ僕の中のK-POPで1位です! これは握手です! はじめて言われた、うれしいなぁ〜!


PPAP ピコ太郎 古坂大魔王 バグベア 欅坂46 乃木坂46 モー娘。 オンライン上で握手を果たした古坂大魔王さんとバグベア

古坂大魔王BLACK PINKの「KILL THIS LOVE」素晴らしいなと思いながらも、Red Velvetの「Zimzalabim」の方が僕は好きなんですよね〜!

――古坂大魔王さんとバグベアの好きな楽曲が近いっていうのは今回の取材での新たな発見でした。もしかしてまたコラボという可能性はありそうでしょうか。

古坂大魔王これは絶対にやりたいですね!

こぎみいい(バグベア)やりたいです!

古坂大魔王僕は「相互アレンジ」って言うのをやってみたいですね。例えばバグベアさんが考えた曲に、ピコ太郎が歌詞を入れて、それを2アレンジ双方でつけるっていうような感じで。「えいっ!」「えいっ!」とお互いがサッとやって、ムチャぶりして、ムチャぶりされてっていう感じ(笑)。初披露はライブで、MVもライブで初披露って感じで。

こぎみいい(バグベア)うわ〜面白そうです! ぜひやりましょう!

古坂大魔王多分バグベアさんって王道は苦手でしょう? 僕もそうなんですけど、人がやってないことばっかりやりたいっていうのがあると思うので、そういうところも似ているかもしれないですね。

アーティストのリモートワークはやりやすいのか

――今回はリモート取材ということで、古坂大魔王さん、バグベアとビデオ通話をさせていただいているのですが、アーティストの方にとって正直リモートってやりやすいですか。やりにくいですか。

こぎみいい(バグベア)僕的にはすごく会いやすいっていうか。音声が乱れていたりしたら申し訳ないんですが、オンライン通話にすることによって良い意味でリラックスして、本音が出るのかなと思いました。

古坂大魔王確かにそうかもしれません。コロナの前であれば、バグベアさんとお話しする1発目がリモートなんて絶対にありえないじゃないですか。でもそれが実現できていて。今日なんかもリモートでのテレビ出演が2件あります。こうした出演をしていて気づいたのは、正直打ち合わせに関しては今後もリモートで良いんじゃないかということです。ただ、打ち合わせのあとの、言葉にはしづらい“キズナ”だったり、“アイデア”だったりっていうのはアナログである必要があるのかなと思います

――私も今回初めてリモートで取材させていただいているのですが、される側としてはいかがですか。

古坂大魔王取材に関しては本当にリモートで今後も行けるんじゃないかという気がしていますね! ただバラエティーをリモートっていうのは正直出演者は疲れていると思います。もう十分かなって。

 分かりやすく言うと、“テンションが上がる”ってあるじゃないですか。「なぜ人間は旅行をするのか」と考えたときに、今の時代景色はネットで見られるし、別にリアルで行かなくてもいい。でもみんなテンションがあがるから行くわけですよね。

 ただ、バラエティーの場合、“自家発電でテンションを上げる”っていうのは大変なんです。本番前に楽屋に「おはようございます!」と入って、ピンマイク付けて、「お願いしまーす!」っていうテンションが上がる過程を経ていないので。

 さっきまで赤ちゃんをお風呂に入れていた僕が、おむつ替える替えないって泣いてる姿を見ながらこっちで「どうも〜!!」ってリモート出演するのはさすがにキツイな……! となってきています(笑)。


取材後記〜コロナ禍の中アーティストは進んでいた〜

 取材の終盤、コロナ禍の中、古坂大魔王さんとバグベア、両アーティストはどんなことをして過ごしていたのかを聞いてみました。

 インタビュー中、常に場を明るくしてくれる笑顔と予想以上の博識ぶりで驚かせてくれた古坂大魔王さんは、現在複数のプロデュース案件を遂行中とのこと。特に注目は、「スピードワゴン」の井戸田潤さん扮する「ハンバーグ師匠」の2ndシングル「ハンバーグ」のプロデュースで、6月7日の配信が決定しているそうです。ハンバーグ……ッ!(カァ〜ッ!)。

 また2019年末から行っていた歌っている人の口だけを見て投票するオーディション「口だけ歌手選手権」に関するプロジェクトも進行。他にも、ピコ太郎×MTG「PIKOWash!プロジェクト」の始動や、自主制作した「ピコ太郎の手洗い推進ポスター」のデータを無償提供するなど、手洗いによる感染防止を呼びかけているとのこと。詳しくはピコ太郎さんの公式サイトを確認してみると良さそうです。

 バグベアの2人は≠ME (ノットイコールミー)の7thシングル「CAMEO」に収録されている「君と僕の歌」の作曲を担当。当初は4月に発売が予定されていましたが、7月8日に発売に延期されることが6月2日に発表され、現在同楽曲MVはYouTubeで公開中です。

≠ME (ノットイコールミー)/「君と僕の歌」

 また4月からは現在アーティスト集団を集う活動をスタートし、自身初となるオーディションを企画。既に選考は終了し、合格したメンバーと共に今後の活動のための準備を進めているとして、新プロジェクト「ジセミカ」の公式Twitterと公式YouTubeチャンネルを注視してほしいと話していました。

 Stay Homeが続いていた中、古坂大魔王さんとバグベアは「世界を元気にしたい」と笑顔で前に進んでいる様子。それぞれの今後の展開が楽しみです。

(Kikka)

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news163.jpg 「普通に頭おかしい」 朝倉未来、一般人のジム乱入に困惑 週刊誌記者をかたっての不可解な訪問へ「マジ迷惑」
  2. /nl/articles/2112/06/news149.jpg 47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
  3. /nl/articles/2112/06/news136.jpg ファミチキの“袋”の写真だけを淡々とツイートするアカウント「ファミチキへの怒り」が人気 気持ちは確かに分かる
  4. /nl/articles/2112/07/news122.jpg 「美賀君に会えました」大島優子、川栄李奈との2ショットを披露 大河ドラマ共演にファン「すごくないか?」
  5. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  6. /nl/articles/2112/06/news141.jpg 柴咲コウ、ヘアドネーションでロングへアから大胆イメチェン クールなショートカット姿に「美人が引き立ちます」
  7. /nl/articles/2112/06/news053.jpg 「竹とトラって、最高に似合っててカッコイイ」 ヘソ天で爆睡するトラに「思ってたのと違う」とツッコミ殺到
  8. /nl/articles/2112/06/news033.jpg 隣人が執拗に「引っ越せ」と嫌がらせをしてくる理由は? その「真実」を描いた漫画に切ない気持ちになる
  9. /nl/articles/2112/06/news051.jpg お風呂に呼ぶ父に息子が「行けるわけなかろーもん」 猫さまとラブラブな光景に「息子さん正しい」と賛同の声
  10. /nl/articles/2112/07/news028.jpg 柴犬の肉厚ほっぺをもんで、手を離すと……? “冬毛のコブ”ができた姿に「ハムスター?」「形状記憶ほっぺ」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  3. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  4. 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  5. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  6. ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  8. アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  9. 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  10. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」