ニュース
» 2020年06月05日 18時27分 公開

オンラインで「推し」と1対1で話せるサービス、LINEが8月スタート

1対1のコミュニケーション、フェイスフィルターを使った撮影会なども可能。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 LINEは8月に、ライブ配信サービス「LINE LIVE」の機能を活用した、アーティストやアイドルと1対1で話せるチケット制ライブサービス「LINE Face2Face powered by LINE LIVE」をスタートします。


LINE Face2Face アーティストが大勢のファンに向かって配信するのではなく、1対1で話ができるスタイル

 新型コロナウイルスの影響により、コンサートやライブ、握手会、ファンミーティングなどのイベントが中止・延期され、最近では多くのイベントがオンライン開催に切り替えられています。しかし、握手会や撮影などアーティストと会うイベントはオンラインでは難しく、「これまで話すことができたのに、会えないので寂しい」、「自分の推しをもっと身近で応援したい」など、直接会話ができないことを残念がるファンも。


LINE Face2Face 「LINE Face2Face」は会話だけでなく、撮影会も可能。オンラインでの交流でも、ぐっと距離が短くなったように感じられます

 ファンのそんな声を受けて開発された「LINE Face2Face」では、オンライン上でアーティストと1対1のコミュニケーションが可能になります。大勢のファンに対して曲やトークが配信される今までのオンラインライブとは違い、アーティストの時間を独占して、何気ない会話を楽しんだり、熱い想いを伝えたりできます。ライブ配信中におそろいのフェイスフィルターで記念撮影したり、「花束」や「手紙」などの応援アイテムを贈るったりできる機能もあり、リアルの握手会や撮影会のように、「推し」を身近に感じられそう。


LINE Face2Face ファンを装った不届者の「暴言」や「脅迫」などから「推し」を守るシステムも

 ライブやトークの配信中は、配信側の第三者が画面モニタリングできる仕組みになっていて、視聴者側に不審な動きがあった場合はアカウントが停止されます。アーティストへの暴言や誹謗中傷がエスカレートしないよう、チェックされる機能があるのは安心。

 

 今後は「LINE Face2Face」をオープン化してより多くのアーティストが利用できるようにしたり、コミュニケーションスタンプを使えるようにしたり、買い物できるようにするなど、さらなる機能拡充を目指すとのこと。距離の制限を受けないオンラインで、「推し」との1対1のコミュニケーションができてしまうと、さらにハマる人もいるかもしれませんね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」