ニュース
» 2020年06月05日 18時27分 公開

オンラインで「推し」と1対1で話せるサービス、LINEが8月スタート

1対1のコミュニケーション、フェイスフィルターを使った撮影会なども可能。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 LINEは8月に、ライブ配信サービス「LINE LIVE」の機能を活用した、アーティストやアイドルと1対1で話せるチケット制ライブサービス「LINE Face2Face powered by LINE LIVE」をスタートします。


LINE Face2Face アーティストが大勢のファンに向かって配信するのではなく、1対1で話ができるスタイル

 新型コロナウイルスの影響により、コンサートやライブ、握手会、ファンミーティングなどのイベントが中止・延期され、最近では多くのイベントがオンライン開催に切り替えられています。しかし、握手会や撮影などアーティストと会うイベントはオンラインでは難しく、「これまで話すことができたのに、会えないので寂しい」、「自分の推しをもっと身近で応援したい」など、直接会話ができないことを残念がるファンも。


LINE Face2Face 「LINE Face2Face」は会話だけでなく、撮影会も可能。オンラインでの交流でも、ぐっと距離が短くなったように感じられます

 ファンのそんな声を受けて開発された「LINE Face2Face」では、オンライン上でアーティストと1対1のコミュニケーションが可能になります。大勢のファンに対して曲やトークが配信される今までのオンラインライブとは違い、アーティストの時間を独占して、何気ない会話を楽しんだり、熱い想いを伝えたりできます。ライブ配信中におそろいのフェイスフィルターで記念撮影したり、「花束」や「手紙」などの応援アイテムを贈るったりできる機能もあり、リアルの握手会や撮影会のように、「推し」を身近に感じられそう。


LINE Face2Face ファンを装った不届者の「暴言」や「脅迫」などから「推し」を守るシステムも

 ライブやトークの配信中は、配信側の第三者が画面モニタリングできる仕組みになっていて、視聴者側に不審な動きがあった場合はアカウントが停止されます。アーティストへの暴言や誹謗中傷がエスカレートしないよう、チェックされる機能があるのは安心。

 

 今後は「LINE Face2Face」をオープン化してより多くのアーティストが利用できるようにしたり、コミュニケーションスタンプを使えるようにしたり、買い物できるようにするなど、さらなる機能拡充を目指すとのこと。距離の制限を受けないオンラインで、「推し」との1対1のコミュニケーションができてしまうと、さらにハマる人もいるかもしれませんね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10