ニュース
» 2020年06月06日 09時00分 公開

子どもの頃からのコンプレックスを思い切って彼氏に話してみたら…… 彼氏の一言にキュンとする漫画に絶賛

こういう人を見つられたらいいな。

[林美由紀,ねとらぼ]

 子どもの頃からコンプレックスに思っていた身体的特徴を彼氏に話してみたときの体験を描いた漫画がとてもすてきです。


アゴと私と彼05 彼氏ができてもアゴが気になって……

 作者の枇杷かな子(@BiwaAmazake)さんは、アゴが出ていることが子どものころからコンプレックスでした。からかわれることも多かったため、ヤスリで削りたいと思ったこともあるし、引っ込ませようと浴槽のふちにアゴを打ちつけたこともありました。


アゴと私と彼01


アゴと私と彼02


アゴと私と彼03

 高校生になってできた彼氏の前でも、アゴを手で隠し、横顔はあまり見せないようにしていたといいます。しかし映画館デートのときに、良い雰囲気になってもアゴで台無しになってしまうかもしれない……と不安になった枇杷さんは「私のさ、アゴすっごい出てるでしょ!」と自分から彼氏に話したのです。

 すると、彼は「そこ好きだけど?」と一言。コンプレックスを好きだと言ってくれた彼にギュッと心をつかまれた枇杷さんは、「私はこの人を絶対離さん」と誓うのでした。


アゴと私と彼04

 人には誰でもコンプレックスがあるもの。コンプレックスはなかなか消えるものではありませんが、それも含めて自分のことを好きになってくれる人がいたなら「絶対離さん」と思う気持ちはよくわかります。こんなステキな人に出会えたら幸せですね!

 読者からは「自分のコンプレックスを好きって言ってくれる人の存在ってとても大きいですよね」「私もそういう方と出会いたい。そして絶対離したくない!」と共感のコメントが寄せられています。

 枇杷さんは、SNSでエッセイ漫画やしゃべるおたまとのちょっと不思議な日々を描いた漫画「おたまと一緒に」などを公開しています。

画像提供:枇杷かな子(@BiwaAmazake)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2010/24/news035.jpg 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  2. /nl/articles/2010/24/news016.jpg 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. /nl/articles/2010/24/news004.jpg 「うちの子に何するニャ!(怒)」 子猫を守ろうと、父猫にパンチをくらわせる母猫がたのもしい
  4. /nl/articles/2010/23/news160.jpg 「こんな禰豆子は嫌だ」 マンウィズ、満を持して『鬼滅の刃』コスプレ披露 人間の流行にちゃっかり乗ってしまう
  5. /nl/articles/2010/23/news015.jpg 子猫「えいっ、やあっ!(コテッ)」 ぬいぐるみに戦いをいどむ子猫がずっと見ていたくなるかわいさ
  6. /nl/articles/2010/23/news131.jpg 「たまたまそこに居合わせただけ」で死にかけた不運な男 接触事故を起こしたクルマが横転、背後から転がり迫ってくるシーンを捉えた映像が怖すぎる
  7. /nl/articles/2010/23/news021.jpg 「嫌よ!」「個人情報じゃない!」って言わないで なぜ薬局で保険証提示が必要なのかを説明する漫画が分かりやすい
  8. /nl/articles/2010/23/news092.jpg 1年間ケアし続けた“爪”のビフォーアフターが衝撃 「爪の形って変わるの!?」「私もがんばろ」
  9. /nl/articles/2010/23/news102.jpg キバvsキング 「ルパンの娘」瀬戸康史&新納慎也の対決実現に仮面ライダーファン歓喜 放送局を超えた猛プッシュに「公式でも言っちゃったよ」
  10. /nl/articles/2010/22/news072.jpg 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」