ニュース
» 2020年06月06日 15時45分 公開

Zoomで「青い浮き輪」を活用した結果がサイケでシュール 顔周りだけにバーチャル背景を表示させる裏ワザ

楽しそうでやりたくなる。

[宮原れい,ねとらぼ]

 ビデオ会議サービス「Zoom」での打ち合わせ中に、「青い浮き輪」を活用してみた結果がなんともシュールでじわじわきます。謎のキャラクター感ある。



 Zoomのグリーンスクリーンを検知する(緑色などに反応する)機能を使い、青い浮き輪の部分だけにバーチャル背景を表示させるというユニークなアイデア。さらに浮き輪の中心から顔を出すことで、顔周りだけサイケデリックなビジュアルを演出しています。バーチャル背景がどんどん変わっていくのがズルい……!


Zoom ミーティング 青い 浮き輪 活用 背景 合成 めちゃくちゃシュール……!

Zoom ミーティング 青い 浮き輪 活用 背景 合成 謎のミュージックビデオ感

 投稿したのは、ニューヨーク在住でBASSDRUM・テクニカルディレクターの清水幹太さん(@qanta)。自身が立ち上げた、テクニカルディレクターが集まる会社「BASSDRUM」での打ち合わせ中に、部屋になぜかあった浮き輪を見つけて「もしや……!」と実行してみたそうです。他のメンバーから見た映像を想像すると腹筋がツラい。



 Twitterでは斬新な発想に「最高すぎる」「やりたいw」「青い浮き輪買ってこよう」の声が寄せられており、中にはゲーム「塊魂」に登場する“王様”を思い出す声も上がっています。ちなみに浮き輪は、カメラに近づきすぎると検知できずバーチャル背景が解除されますが、離れると再びジワッとゆっくり背景が表示されます。


Zoom ミーティング 青い 浮き輪 活用 背景 合成 カメラに近づいて離れると普通の浮き輪に

Zoom ミーティング 青い 浮き輪 活用 背景 合成 少し待つと検知して背景が徐々に表示されていきます

Zoom ミーティング 青い 浮き輪 活用 背景 合成 面白い発見。笑わせて頂きました!

画像提供:BASSDRUM・テクニカルディレクターの清水幹太さん(@qanta)



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.