ウェイ系の人種はそこまで怖くない「かぐや様は告らせたい?」9話 陰キャ石上の決意(1/2 ページ)

辛いことも多いけど、優しい先輩たちに恵まれています。

» 2020年06月07日 15時00分 公開
[たまごまごねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 (C)赤坂アカ/集英社

 恋愛は告白した方が負け! 「かぐや様は告らせたい?〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」(原作アニメは、相手から自分に告白させるためにあらゆる知力体力を用いて戦うエリートたちを描いたラブコメディーの第二シーズン。とってもいとしくてとっても面倒くさい少年少女の、青春の無駄遣い物語。距離はどんどん近づきます。

 今回から会計の石上が大きく動き始めます。今まで皮肉屋でネガティブだった彼。なぜ嫌われ者なのか、なぜ斜に構えているのか。青春の痛みがうずく。


かぐや様は告らせたい (C)赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会


私のルーティーン

 前回8話で、ラブコメでは欠かせない体育倉庫イベントが発生し、事故でキス寸前までいってしまったかぐやと御行。以来、かぐやは初の経験に心臓がバクバク、頭がぐわんぐわんになりっぱなし。通称恋の病で生活もままならなくなりました。

 恋愛をして一日中頭がいっぱいになる、というのはよくあることではありますが、さすがに日常生活に支障を来すとなると問題。そこで近侍の早坂ルーティーンを提案します。


かぐや様は告らせたい どの格好がいいルーティーンになるか試すかぐや様のかわいらしさを目に焼き付けよう(9話) (C)赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会

 ある行動を取ることで、精神状態をリラックスさせたり集中したりすること。何がベストなのかは人によります。現実の話だと、ビル・ゲイツは寝る前に皿洗いをするルーティーンでリラックスしているそうですよ。


かぐや様は告らせたい パブロフの犬(9巻) (C)赤坂アカ/集英社

 一定の経験を何度も繰り返すと、神経細胞間のシナプスが強化されるというのは事実のようですが、あくまでも早坂理論ということで。かぐやが発見したのは「右手で左の頬を触る」という比較的簡単なリラックス法でした。リラックスする=右手で左の頬を触る、と刷り込み幾度も続ければ、心をリセットするスイッチになるのではないか、という説です。

 かぐやは天才なので、数日で会得しました。リラックスするときは必ずルーティーン。これもまた努力。


かぐや様は告らせたい 便利なのでは(9巻) (C)赤坂アカ/集英社

 早坂いわく「これを会得すればかぐや様にとって強力な武器になるでしょう」。会得したかぐやの早変わりっぷりは相当なもの。心臓の病気がなんたらと言っていたのがまるでウソのように、触れるだけでリセットされるようになりました。ここまで変わるとなると、いざという試験や試合でも使えそうな、まさに武器レベル。

 ただこの描き方でどうしても気になるのは、目の表現がかつての、冷酷にしゃべっていた時期のかぐやになっているところです。今期の2話で、かぐやの中には「現在の通常時」「アホ」「氷」「幼」の4つのペルソナが存在し、脳内会議を行っている様子が描かれました。このリラックス方法を行ったことで出てきたのは「氷」のように見えます。

 目に光が入っている通常時かぐやも、ハイライトのない氷かぐやも、どちらも間違いなくかぐや。ただし単純に「リラックスできた」とはちょっといいづらいようにも見えます。


かぐや様は告らせたい 上入力コマンドは難しいなー(9話) (C)赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会

 学校で御行が「俺の事を避けてないか?」と心配してかぐやに話しかけるシーン、心臓ドキドキテンパリゲージを抱えたかぐやはアニメでは、格ゲースタイルで演出されていました。ルーティーン習得シーンなど、こういうネタの入れ方が今回のアニメではとても楽しい。

 このリラックス方法、今回はギャグで落ちていますが原作ではかなり重要なものとして描かれていますので、気になる方は要チェック。


石上の大きな一歩


かぐや様は告らせたい リア充はそうそう滅びない(9巻) (C)赤坂アカ/集英社

 生徒会きってのネガティブっ子、石上。学年みんなに敬遠され、相手にされず、いら立ちをつのらせていた少年。「なぜ」がたくさん浮かぶ人物です。嫌われている理由は? 生徒会に入ったわけは?

 彼がこの話で「僕が間違っている」と理解し、わざわざ応援団という陽の極みみたいなところに飛び込んだのは、作品の大きな転機になっていきます。

 ナレーションでも「陰キャ」といわれてしまう石上。実際にそうかどうかはともかく、応援団に入ると相対的に陰側になってしまいます。そこから動いて、自分を肯定するのはものすごく体力のいることです。


かぐや様は告らせたい なんで「ウェーイ」って掛け声になるんでしょうね?(9巻) (C)赤坂アカ/集英社

 「ウェーイ!」「わしょーい!」「オケ丸水産!」「マジ卍」。恐らく作中の応援団員たち、この言葉に深い意味はないと思われます。勢いとノリです。わざわざ「応援団に入って明るくなれるよう頑張ろう」みたいに考えている石上とはそもそもが相いれない。

 アゲアゲなメンツに全然ついていけない石上。彼の中に一つ、悲しい思いがよぎります。「でもこいつ等 僕より成績良いんだよなぁ……」

 これは事実。明るく元気で、頭が良くて、友達が多くて、男女の仲も良くて、日々充実していそう。劣等感が刺激されまくってしまう。


かぐや様は告らせたい 重要人物、つばめ先輩初登場(9巻) (C)赤坂アカ/集英社

 でも少なくとも彼のことをいじめたり、爪はじきにしている「ウェイ系」の人間はいません(同じクラスの小野寺以外)。今回特に優しかったのは副団長の子安つばめ先輩。初登場です。ラインの交換で輪に入れなかった石上に声をかけ、連絡用のメアド交換をしにきます。

 つばめ先輩がすごいのは、親切の押し売り感がないところ。こういう時にぐいぐい自分たちの価値観を押し付けると、かえって惨めに感じるものです。しかし「もしかしてラインやってない人?」とまず相手の価値観に視点をあわせ、「無駄なスタンプの打ち合いになるだけだし」と相手が気を使わないよう配慮で代替案をあげ、「連絡事項だけメールするからさ」とプライバシーを傷つけないよう前置きもしてくれている。コミュニケーションとしては満点以上。

 さらに連絡のメールでは絵文字を使って華やかにし、「一緒にがんばろーねー」と仲間であることをアピール。既に輪に入っていることをフォロー。

 この学校の「ウェイ系」は、決して自分勝手な人種ではない。敵ではない。つばめ先輩の行動がしっかり示してくれています。そりゃ頑張ろうって気にもなるってもんです。


かぐや様は告らせたい 右は石上です(9話) (C)赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会

 もう一人今回優しかったのは、意外にもかぐや。「女装用の制服を借りる」という陰キャにはキツすぎるミッションに、優しく手を差し伸べてあっさり貸してくれました。

 今まで石上からすると勉強の鬼コーチ的存在だったかぐや。「別に私の服でよかったら貸しますけど」「せっかくですしメイクもしてみますか?」と驚きの温かさ。

 ウェイ系怖い、かぐや怖い、というのは実のところ考えすぎで、案外みんな優しい。今回の体験は、人間不信だった石上の価値観を大きく変えるものになります。

 以後恐らく石上絡みの話はさらに深く掘り下げられ、生徒会の在り方もそこに絡んで見え始めるはず。加えてつばめ先輩は、原作ではものすごく重要な人物になっていきます。


かぐや様は告らせたい 頑張る石上に、大きな人生の岐路が訪れます(9話) (C)赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会

 残り3話で、アニメがどこまで描いてくれるのかも楽しみ。基本ギャグではあるものの、選挙時の伊井野ミコのような難しい心の問題も丁寧に、優しく描いてくれたアニメ版。石上の話の演出に期待しています。



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/12/news010.jpg 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
  2. /nl/articles/2404/09/news079.jpg お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  3. /nl/articles/2404/11/news030.jpg 夫婦ゲンカ翌日の“やり返し弁当”、白飯に「バカ」だけと思いきや…… 「仕返し最高です」「めちゃめちゃおもろい笑」
  4. /nl/articles/2404/12/news017.jpg ダイソーのバケツでオクラを育ててみたら…… 最強の省スペース栽培に「今年の夏は是非やってみます」「すごい!すごすぎます!」
  5. /nl/articles/2404/12/news182.jpg 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  6. /nl/articles/2404/11/news026.jpg 庭に直植えして大後悔した巨大木の伐採を、YouTuberにお願いしたら…… 流血沙汰の結末に「色々と考えもんだなぁ」「あんなんなるんだ」
  7. /nl/articles/2404/09/news009.jpg “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  8. /nl/articles/2404/11/news095.jpg カビ・石けんカス・水アカはどの順番で落とせばいいのか―― プロが教えるお風呂掃除が参考になる「見事です!」「感動しました!」
  9. /nl/articles/2404/12/news009.jpg 猫素人だった息子と、元野良猫が出会って3年…… 徐々に距離を縮める様子に「ジーンとしました」
  10. /nl/articles/2404/12/news015.jpg 万能「ストライプシャツ」の“コレジャナイ感”を解決するには…… 印象激変の着こなし術に「できそう!」「ちょっとした工夫ですね」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」