ニュース
» 2020年06月07日 17時00分 公開

「みらいの はるかさんへ」 約15年ぶりにDS版「どうぶつの森」を開いたら小学生の自分から手紙が届いた→感動すると話題に

「うわ、これ泣ける」と話題に。

[Kikka,ねとらぼ]

 約15年ぶりにニンテンドーDS用ゲーム「おいでよ どうぶつの森」を開いたら小学生の自分からメッセージが届いた――という人のツイートが話題を呼んでいます。

 投稿者は画家 晴夏(@_harenatsu)さん。最近Nintendo Switch用ソフト「あつまれ どうぶつの森(あつ森)」購入し、プレイしていることから、ふと、子どものころに遊んでいた「おいでよ どうぶつの森(どう森)」のことを思い出したと言います。

 当初は「あつ森はどう森からどう変化したのか」が気になったそうですが、現れたのは、次のようなメッセージでした。

みらいの はるかさんへ

えの、しごとに、ついていますか?

そうだといいな。そうだといいな。

まあ。ほかのでもいいけどね。。。

いまのじぶんでがんばって★

             はるか


あつ森 あつまれどうぶつの森 どう森 おい森 おいでよどうぶつの森 小学生の自分から届いたメッセージ

 これは約15年前にまだ小学生だった晴夏さんが、未来の晴夏さんに向けて書いていたメッセージで、晴夏さんが「ひとりでちょっと感動した…いろいろあったけど、無事画家になったよ」とツイートしたところ、25万2000件以上の“いいね”を集めてました。またリプライには「そうだといいなが反復してるのが詩的やっぱセンスある人は幼少期からあるんだな」「いまのじぶんで、って、優しいですね」「うわ、これ泣ける 初心貫徹」「タイムカプセルの新たな形」とさまざまなコメントが集まっています。

 なおねとらぼ編集部が晴夏さんにお話を伺ってみたところ、子どものころのお話なので覚えていないことも多いそうですが、「当時から無意識のうちに他人に流されず自分を貫くことがモットーだった」ことは覚えているとのこと。また15年ぶりに訪れた村の様子については、ゴキブリや雑草の発生などはあったものの「過去の私からの手紙以外は普通でした」とのことでした。

 晴夏さんはTwitterにこれまで取り組んできた作品と、小学生の頃に作った作品の両方を投稿中。どちらも好評を博しています。

晴夏さんの作品


あつ森 あつまれどうぶつの森 どう森 おい森 おいでよどうぶつの森

あつ森 あつまれどうぶつの森 どう森 おい森 おいでよどうぶつの森

あつ森 あつまれどうぶつの森 どう森 おい森 おいでよどうぶつの森

あつ森 あつまれどうぶつの森 どう森 おい森 おいでよどうぶつの森

小学生のころの晴夏さんの作品


あつ森 あつまれどうぶつの森 どう森 おい森 おいでよどうぶつの森

あつ森 あつまれどうぶつの森 どう森 おい森 おいでよどうぶつの森

画像提供:画家 晴夏(@_harenatsu)さん

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.