ニュース
» 2020年06月08日 13時45分 公開

JR東日本、駅ビル・エキナカ店舗でエコバッグ配布 6月16日から

7月からのレジ袋有料化を受け、約50万個を配布します。

[カナブンさん,ねとらぼ]

 JR東日本が2020年6月16日から、駅ビルや駅ナカ店舗でエコバッグを配布します。配布数は約50万個、グループ会社の対象店舗で一定金額以上の買い物をするともらえます。

エコバッグ JR東日本の駅ビル・駅ナカ店舗にて一定額以上の買い物でもらえるエコバッグ

 この施策は、国が推進するプラスチック利用を抑制する取り組みとして2020年7月1日に開始する「レジ袋の有料義務化」に沿ったもの。

 配布するエコバッグは、同社、アウトドアブランドのスノーピーク、衣類・プラスチックのリサイクル開発を行う日本環境設計が共同で設計し、素材にペットボトルから再生した生地を用いて作られました。キャメルとカーキの2種類があります。

エコバッグ アウトドア用品メーカ「スノーピーク」(スノーピーク公式サイトより)

エコバッグ リサイクル事業を展開する「日本環境設計」(日本環境設計公式サイトより)

 配布店舗は例えば「NewDays」「駅弁屋祭」「紀ノ國屋」など、これまでプラスチックレジ袋を提供していたJR東日本グループ21社の店舗で、実施店舗では告知ポスターやデジタルサイネージを掲示します。限定数がなくなり次第終了予定としています。

エコバッグ 告知ポスター

エコバッグ (参考)レジ袋有料化のお知らせ(経済産業省サイトより)

(カナブンさん)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10