ニュース
» 2020年06月09日 21時00分 公開

負けたストレスで夫が乱暴に――「スプラトゥーン2」のAmazonレビューに反響 「自分の暴言に反省」「ゲームでなくプレイヤー自身の問題」 (1/2)

レビューで挙がっているのは極端な事例ではありますが、勝負ごとに熱くなりがちな人は要注意。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「対戦にハマって以来、穏やかで優しかった夫が暴言を吐くように」「負けたストレスで物に当たってしまう」――。「スプラトゥーン2」のAmazonレビューに、一部恐ろしいエピソードが上がっていると話題を呼んでいます


スプラトゥーン2

スプラトゥーン2 Nintendo Switchソフト「スプラトゥーン2」(画像はAmazon.co.jpより)

 話題のきっかけとなったツイートでは、4件のレビューが紹介。ある人は言動が粗暴になって人間関係が冷え、ある人は負けるたびにコントローラーや家電、壁などに八つ当たりしてケガをするなど、対戦ゲームの負の面が色濃く出たエピソードがつづられています。

 ツイートは広く拡散され、「ゲームへの風評被害」「さすがにこれは特殊な例では」「確かにイライラしがちなゲームだけど、対戦ゲーム全般の問題でもある」「やりすぎはよくないけれど、それだけ面白いゲームだとも言える」など、さまざまな意見を呼びました。「ゲームに問題があるのではなく、プレイヤー自身が抱える問題なのでは」といった指摘も目立ちます。


 ただ、レビューで挙がっている話は極端な例としても、「ある程度は事実」と認める声も多く、「ゲームをやめたら穏やかになった」といった経験談も。「私もこんな状態になっている?」「確かに暴言吐くかもしれない」「確かに心がすさんでいくのを実感することもある」と反省する人もみられます。


 勝ち負けでイライラするくらいならと、「サーモンラン(協力プレイモード)」を勧める声も。また、「子どもが適切な感情の発散方法を学ぶ機会にはなる」「負けを受け入れるという人生の大事なことをスプラトゥーンから学べた」など、ゲームと上手に付き合う人もいます。ゲームは1つの娯楽ですが、勝負ごととしてみると、熱くなりすぎる人には向かないところがありますし、遊びがかえってストレスになるようであれば、適度に距離を置くのがベターと考えた次第です。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/05/news018.jpg ひぇ……! 橋がポッキリ折れる インドで重機を積んだトラックが巻き込まれた崩落事故の映像がこわい
  2. /nl/articles/2007/05/news023.jpg 「玄米2合はやべえ」 つけもの、汁物、手前みそ、塩、玄米2合――社会学博士が作った「江戸時代のごはん」がとんでもない破壊力
  3. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  4. /nl/articles/2007/05/news026.jpg 「ダメだ、どんどん不気味なものが出来ていく」 こしあんを注射器で注入したら閲覧注意な水まんじゅう誕生
  5. /nl/articles/2007/04/news037.jpg 「寝かしつけあるある」「再現度高すぎて笑う」 エヴァ初号機がシルバニアの赤ん坊を寝かしつけるコマ撮りアニメがリアル
  6. /nl/articles/2003/29/news017.jpg 2台のクルマが事故……と思いきや トヨタ製ピックアップトラックが起こした事故がえげつない 米コロラド
  7. /nl/articles/2007/05/news010.jpg 「姉が小説をpixivに上げてる」 従姉妹からの相談に笑うことしかできなかった実録漫画に「血は争えない」
  8. /nl/articles/2007/05/news027.jpg 帰宅してお父さんがいるのを見た女の子は……? 娘さんに仕掛けたドッキリのリアクションが最高にかわいい
  9. /nl/articles/2007/03/news009.jpg 彼女にフラれては飼い猫に泣きつく男子 ラブコメ漫画と思いきや……思わぬ展開にゾクッ
  10. /nl/articles/2007/04/news023.jpg 「俺はガンダムで行く!」で公式アカウントたちがガンダムで行き過ぎた 「レディ・プレイヤー1」の地上波放送に合わせて歴代ガンダムが参戦