ニュース
» 2020年06月10日 08時30分 公開

猫が愛用した結果、まん丸→ぺっちゃんこに アザラシクッションのビフォーアフターがジワる

アザラシクッション「解せぬ」。

[三日月影狼,ねとらぼ]

 Twitterに投稿された、猫ちゃんに愛用された結果つぶれてしまったアザラシクッションが哀愁を誘うぺったんこ具合です。

 まるでおせんべいのような姿になってしまったのは、フェリシモと海遊館の共同開発で生まれた「おまんじゅうアザラシユキちゃん もっちりビッグクッション」です。



 ユキちゃんの魅力を再現したこのクッションの魅力は、なんといっても思わず触ってしまいたくなるもっちりとした手触り。そのもっちり感にひかれたのか猫ちゃんが1日の大半をすごす寝床として愛用していたところ、ユキちゃんはいつの間にかおせんべいのようにつぶれてしまったそうです。


つぶれたアザラシ こうなる。おせんべいかな……?


今のアザラシと元のアザラシ ビフォー→アフター

 すでに”あの頃”の膨らみは失われてしまったユキちゃんですが、猫ちゃんにとっては今も大切な寝床であることに変わりはありません。おせんべいになってしまってもユキちゃんクッションを愛用し続ける、一途でかわいい猫ちゃんなのでした。




つぶれたアザラシ横から 二度と戻らないのです……

 投稿のリプライ欄には、「大爆笑した」「かわいすぎる」という声の他、同じように猫ちゃんやワンコたちによって犠牲になった、アザラシをはじめとしたぬいぐるみやクッションたちの姿も報告されています。

 今回アザラシクッションをぺったんこにしてしまったかわいい犯ニャンは、ロシアンブルーの「ひじき」さん。4歳の女の子で、以前も“にぼしを食べるのが下手な姿”が話題になりました。





 飼い主の吉田輝和さんは、“趣味と仕事でおじさんの絵だけを描き続けている”とのことで、イラストレーターやライターとして活動中です。吉田輝和さんのTwitter(@yoshidaterukazu)にはひじきさんの写真や動画の他、イラストやおいしそうなご飯の写真が多数投稿されていますよ。







画像提供:吉田輝和(@yoshidaterukazu)さん

三日月 影狼

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/15/news069.jpg いったい何があったんだ 「ガンバレルーヤ」よしこ、チーママ時代の姿が食い違いすぎて「ほんとに誰?」なレベル
  2. /nl/articles/1908/27/news096.jpg 化粧でだいぶ変わるな! 「ガンバレルーヤ」よしこ、ドラマ出演で普段と180度違う姿を披露
  3. /nl/articles/1801/19/news114.jpg 奇跡起きたな! 女お笑いコンビ「ガンバレルーヤ」、“詐欺写真”で別人に生まれ変わる
  4. /nl/articles/2104/05/news024.jpg 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  5. /nl/articles/2104/15/news090.jpg 「似合っててカッコいい」 ゆりやん、金髪へのイメチェンでクールなキメ顔 38キロ減の快挙には「全然まだ太い」と本音も
  6. /nl/articles/2104/14/news014.jpg 飼い主がゲーム中の猫ちゃんの表情→ゲームをやめ名前を呼ぶと…… 猫の表情ビフォーアフターが面白い
  7. /nl/articles/2101/07/news089.jpg 高岡早紀、高身長な長男&次男とのレアな“家族3ショット” にじみ出るイケメン感に「息子さん達カッコイイなぁ〜」
  8. /nl/articles/2104/09/news143.jpg 森の中で“ある場所”を指し示すカーナビ、恐怖体験かと思いきや…… 涙の展開が待ち受ける怪談漫画
  9. /nl/articles/1904/02/news128.jpg もはや別人じゃん! ガリガリガリクソン、47キロ減で劇的ビフォーアフター「俺は平成の終わりにデブを捨てた」
  10. /nl/articles/2104/14/news010.jpg いつもは出迎える愛犬がハウスに立てこもり→その理由は…… 申し訳なさそうな表情と部屋の惨状がほほえましい