ニュース
» 2020年06月10日 12時12分 公開

「ニンテンドーネットワークID」の不正ログイン、新たに約14万件に影響の可能性判明 4月の約16万から追加で

一部では不正な取引も行われていました。

[コンタケ,ねとらぼ]

 任天堂が6月9日、「ニンテンドーネットワークID」(以下「NNID」)で発生していた不正ログインで、新たに約14万アカウントが被害にあっていた可能性があることを発表しました。4月に発表した約16万アカウントに追加し、合わせて約30万アカウントとなります。



任天堂 NNID 不正ログイン 決済 不正ログインが発生していました

 この不正ログインは、任天堂のサービス以外から不正入手したログインIDとパスワードを用いて行われたとのこと。また、NNID経由で、一部の「ニンテンドーアカウント」にも不正にログインがあったとしています(※NNIDはWii U、ニンテンドー3DSで使用。ニンテンドーアカウントはSwitch、スマートフォン、PCなどで使用)。

 新たに被害の可能性が判明した約14万アカウントについても、以前の16万アカウント同様にパスワードリセットとセキュリティー対策を実施したとのこと。これらの対策を実施したアカウントには、個別に連絡を行っているとしています。

 これら不正ログインを受けた可能性のある世界中のNNIDのうち、ニンテンドーアカウントを通じて不正な取引が行われた可能性が存在したものは全数の1%未満とのこと。対象となるユーザーに対しては現在も各国で返金手続きを継続しており、大半のユーザーに対しては既に返金処理を終えているとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10