ニュース
» 2020年06月11日 15時33分 公開

九州北部・関東甲信・北陸・東北南部 続々と梅雨入り

きょう11日、九州北部(山口県を含む)、関東甲信、北陸、東北南部の梅雨入りが発表されました。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

長雨の季節に

 きょう11日(木)は、梅雨前線の影響で広い範囲で雨が降っています。

 九州北部(山口県を含む)、関東甲信、北陸、東北南部にかけて、梅雨入りが発表されました。平年と比べると、九州北部は6日遅く、関東甲信は3日遅く、北陸と東北南部は1日早い梅雨入りです。

 なお、あす12日(金)にかけて、梅雨前線の活動が活発な状態が続き、九州から関東にかけて大雨となるおそれがあります。現時点で梅雨入りの発表のない東北北部も、向こう一週間は曇りや雨の日が多くなるでしょう。一方、沖縄と奄美では、この先は晴れる日が多くなり、そろそろ梅雨明けとなりそうです。

※梅雨は季節現象であり、梅雨の入り明けには、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。この梅雨入りの発表は速報値で、梅雨の季節が過ぎてから、春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行い、確定値を発表しています。

梅雨入り

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.