ニュース
» 2020年06月12日 07時30分 公開

守り神の大鷺と釣り人のただのゆるい交流 事件が起きず「ほんわか」する漫画に癒やされる

取ってきた魚を脇にしまう大鷺がカワイイ……!

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 守り神として祀られる大鷺と、若い釣り人のゆるーい交流を描いた漫画が話題になっています。

photo 一見すると恐ろしげに見える大鷺ですが……?

 ある時、川に魚釣りに来た釣り人。のんびり釣り糸を垂らしていると、ふと自分の魚籠をゴソゴソとあさられる気配がします。魚を盗まれると思った釣り人が、横を向いて声をかけた所――そこには自分より大きい「大鷺」がいました。

photo 思わず驚く釣り人

 ビクッ、とする釣り人を尻目に、ふしぎな姿をした大鷺は釣り人の魚をあっさり一飲み。さらに釣り人の魚籠を抱え、飛び去ってしまいました。その後村に戻った釣り人は、お婆さんから大鷺が水辺の守り神として敬われる「水鷺様」だったことを聞きます。

 お婆さんは「魚をやったのなら礼に福を運んでくださる」と言いますが、釣り人の方は「守り神ねぇ……」と半信半疑です。

photo 再び大鷺と会った釣り人

 数日後、また川に来た釣り人は水鷺様と再会します。水鷺様は釣り人に近づくと、奪った魚籠の中にある、立派なうなぎを見せてきました。「おめぇが取ったのか?」と聞くと、水鷺様は得意げな表情を見せます。

 釣り人は「この前の詫びか?」「もしやこれが福……」とほくそ笑みます。ところが、水鷺様はその魚籠をいそいそと脇にしまってしまいました。いや、ただ自慢しに来ただけかい!

photo 脇に魚籠をしまう姿がカワイイ……!

 何でも水鷺様はただの野鳥なので、福を運ぶ力はないし、運ぶ気もないそう。それでも水鷺様は釣り人の前に何度も現れるようになり、捕まえた魚を自慢し合う釣り仲間となったそうです。

 作者は涼森(@submori_521)さん。一見、恐ろしげな水鷺様が随所に見せる愛嬌ある姿に、「ほんわかしました」「クソ可愛すぎる」などの声が上がっていました。

釣り人が目の前で堂々と魚を盗られるだけの小話

photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo

画像提供:涼森(@submori_521)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10