ニュース
» 2020年06月12日 13時00分 公開

「マジック:ザ・ギャザリング」、複数のカード画像の削除を発表 人種差別を想起させるという声に対応

以前から人種差別だと指摘されていたカードも含まれています。

[関口雄太,ねとらぼ]

 米Wizards of the Coast社は、トレーディングカードゲーム「マジック:ザ・ギャザリング」において、人種差別を想起させる可能性があることを考慮し、「Invoke Prejudice」などいくつかのカード画像をデータベースから削除したと発表しました。


トレカMTG、複数のカード画像の削除を発表 人種差別を想起させるという声に対応 「Invoke Prejudice」(画像はマジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイトのキャッシュより)

 発表によると、画像削除の対象となったカードは「Invoke Prejudice」「Cleanse」「Stone-Throwing Devils」「プラデッシュの漂泊民/Pradesh Gypsies」「Jihad」「Imprison」「十字軍/Crusade」です。イラストによる描写や文言から人種差別を想起させてしまうとして、カードの画像は「存在が許されるものではありません」という声明文に置き換えられました。


トレカMTG、複数のカード画像の削除を発表 人種差別を想起させるという声に対応 「人種差別を想起させる描写や文言が含まれるカードにつきまして、私たちのデータベースからカード画像を削除いたしました。どのような形であれ人種差別的要素は受け入れがたく、私たちのゲームはもちろん、いかなる場所においても存在が許されるものではありません」(画像はマジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイトより)

 また、削除対象のカードは今後すべての認定イベントにおいて使用禁止となります。

 「Invoke Prejudice」の説明はM:TG Wikiによると「対戦相手1人が、あなたがコントロールするクリーチャーと共通する色を持たないクリーチャー呪文を唱えるたび、そのプレイヤーが(X)を支払わないかぎり、その呪文を打ち消す。Xはそれの点数で見たマナ・コストである」となっており、有色人種の差別を想起させかねない内容となっていることや、データベース上で割り振られるID番号が「1488」であることから、2019年に米掲示板サイトredditなどで人種差別的なカードだと指摘されていました。

 白人至上主義者などが使用するスローガンに「14 Words」と呼ばれるものがあり、「14」や「14/88」と表記されます。「Invoke Prejudice」は画像の削除だけでなく、データベースで使用するIDを変更しており、従来のIDのページへアクセスすると「NOT FOUND」と表示されます。


トレカMTG、複数のカード画像の削除を発表 人種差別を想起させるという声に対応 「Invoke Prejudice」はIDも変更(画像はマジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイトより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む