ニュース
» 2020年06月12日 15時46分 公開

「Twitter魚拓」登場 任意のツイートを画像化し記録日時とともに保存

【追記】スクラップブック感覚で手軽に。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ツイートを画像化して保存できるWebサービス「Twitter魚拓」が公開されました。Twitterとの連携不要で、手軽に使えます。


Twitter魚拓 Twitter魚拓

 使い方は保存したいツイートのURLを入力し、「魚拓する」ボタンを押すのみ。投稿主に通知されることなく、ツイートを記録日時とともに画像として残せます。


Twitter魚拓Twitter魚拓 確認に対し「はい」を押し、しばらく待つと保存が完了

 画像は「保存したツイート一覧」で、確認とダウンロードが可能。なお、一覧には保存を操作した端末でのみアクセスできます。


Twitter魚拓 一覧のダウンロードボタンを押すと、png形式の画像として入手できる

 開発したのは、「おーぷん2ちゃんねる」管理人の矢野さとる(@satorunet)さん。詳細を聞いたところ、きっかけは有名人を対象にした「誹謗中傷ログを保存する弁護士集団」サービスの登場(関連記事)。その存在を知ったときに「有名人以外でも使えたらいいのに」と思い、誰でも気軽に使えるサービスをと、約1日で開発したとのことです。

 想定する用途は、誹謗中傷の証拠保全や裁判対策、自分用のメモ。「新サービスの開発を報告しても、毎回『うほほ』と返事するだけのひろゆき(2ちゃんねる元管理人の西村博之)さんから、『さとるくんが、役に立つものを作ってる』とおほめの言葉が出たので、今回はどうやら世の中に役立ちそうな予感がします」と、矢野さんは手応えを感じている様子でした。


 SNSにおける誹謗中傷が取り沙汰されるなか開発されたTwitter魚拓は、「証拠の記録に便利」と話題に。その一方で、「画像は改変が容易」「URLを伴わないスクリーンショットは証拠として厳しい」といった指摘も寄せられています。

12日18時40分追記

 その後、画像内へのURL記載、保存したツイートをPDF出力する機能、奇麗に印刷できる印字モード、画像保存したツイートをまとめる機能と続々と機能が追加されています。

18日11時30分追記

 13日には著作権の問題をクリアするため、imgurに転送する機能を廃止。画像は全て各自のローカルに保存するように修正されています。


協力:矢野さとる(@satorunet)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.