ニュース
» 2020年06月12日 20時50分 公開

ほぼ日から布マスク登場 通気性のいい「ビワコットン」を使用

日本アトピー協会推薦品の認定を受けた「TioTio PREMIUM加工」を施しています。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 「ほぼ日」とスタイリスト・轟木節子さんによるブランド「轟木節子がつくる、気持ちのいい服。」から「ビワコットンのマスク」が発売されます。「ほぼ日ストア」で6月16日11時から取り扱い、ホワイトと杢グレーの2色を用意(同色2枚組、税込3520円)。


ビワコットンのマスク ビワコットンのマスク、誕生!

 琵琶湖西岸にある高島市の伝統的な織物「高島ちぢみ」をルーツとする「ビワコットン」は、表面がデコボコしているので肌に触れる部分が少なく、汗をかいても肌にはりつかず、通気性が良いという特長があり、「轟木節子がつくる、気持ちのいい服。」ではルームウェアなどに使われてきました。


ビワコットンのマスク ベーシックなホワイト


ビワコットンのマスク 落ち着いた雰囲気の杢グレー

 このビワコットンを、蒸し暑い日本の気候に合う布地としてマスクにも採用。さらに、日本アトピー協会推薦品の認定を受けた、抗菌、消臭などの効果がある「TioTio PREMIUM加工」という特殊な加工を施しています。

 形はシンプルなプリーツ型ですが、ノーズワイヤー付きなのでマスクと口の間に空間ができ、話しやすく、息を吸ったときにマスクが唇や顔に張り付かないとしています。ゴムひもは耳にかけても痛くなりにくいよう、太目なものが使われています。

(谷町邦子 FacebookTwitter

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.