ニュース
» 2020年06月13日 16時38分 公開

イングヴェイのファンだったの? ポケモンの大会イラスト、パンクポケモンのポーズが大物ギタリストと一致

[ねとらぼ]

 Nintendo Switch用ソフト「ポケットモンスター ソード・シールド」のオンライン大会「ポケモン日本一決定戦2020」の開催が決定。多数のポケモントレーナーが大会に向けて腕を磨く中、同大会のイラストが注目を集めています。



イングヴェイ ストリンダー(ハイなすがた) 画像はポケモンずかんより

 注目されているのはイラストの左右に描かれたポケモン「ストリンダー」。イラストの左に描かれているストリンダー(ハイなすがた)は右腕を上げてポーズを決めていますが、実はこのポーズはスウェーデンのギタリストであるイングヴェイ・マルムスティーンによる「Fire & Ice」のジャケットと一致。周囲の炎はほのおタイプのポケモン「マルヤクデ」で表現しているようです。


イングヴェイ 「Fire & Ice」 画像はAmazonより

 偶然の一致か……? とおもいきや、右に描かれたストリンダー(ローなすがた)もイングヴェイ・マルムスティーン「Trilogy」のジャケットとポーズが一致。真相は不明ですが、ストリンダーのポーズはイングヴェイ・マルムスティーンのパロディーといって良さそうです。


イングヴェイ 「Trilogy」 画像はAmazonより


イングヴェイ 改めて見ると完全に一致 画像はポケモン公式サイトより

 実は、「ストリンダー」は胸の突起に触れることでベースやギターのような音を鳴らすことができるとされるポケモン。さらに「パンクロック」という特性も持っている他、キョダイマックスした状態でのみ使える技「キョダイカンデン」では、ギターを地面にたたきつけるような動きを見せます。ストリンダーの特徴からすると、もしかしたらストリンダー自身がイングヴェイのファンだったのかも……。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.