ニュース
» 2020年06月16日 08時30分 公開

「動画の広告収入を寄付するので広告をクリックして」はNG YouTubeが寄付のガイドラインを公開し注意喚起

寄付額を増やすための広告クリックなどは禁止。

[関口雄太,ねとらぼ]

 YouTubeが「動画の広告収入を寄付するので広告をクリックしてほしい」と呼びかけるのは禁止行為とするなど、寄付のガイドラインについて発表しました。


YouTubeが寄付のガイドラインを公開 「動画の広告収入を寄付するので広告をクリックしてほしい」と呼びかけるのはNGとして注意喚起 広告収益寄付を目的としただけの動画削除を報告(画像はYouTubeより)

 黒人差別に反対する「Black Lives Matter」運動に関連して、動画の収益と寄付に関する問い合わせがここ数週間でとても増えているとして、YouTubeは寄付に関するガイドラインを公開しました。


YouTubeが寄付のガイドラインを公開 「動画の広告収入を寄付するので広告をクリックしてほしい」と呼びかけるのはNGとして注意喚起 ガイドラインを公開(画像はYouTubeより)

 「YouTubeは、応援したいテーマや団体についての認識を高めたり資金を調達したりするといった、世界で良いことをするための強力な力となります」と、寄付のためのサービス利用に賛成の立場を表明したうえで、収益と寄付の呼びかけについてできることとできないことに言及しました。

 できることのいくつかの具体例として、動画の終盤に表示できる「エンドスクリーン(終了画面)」で寄付を募集する団体サイトへのリンクを表示すること、視聴者が喜ぶ内容の動画収益を寄付へ回すことを提案。また、チャンネルによっては、動画やライブ配信に「寄付ボタン」を表示できます。「寄付ボタン」の表示はすべてのチャンネルが利用できるわけではなく、アメリカ、イギリス、カナダに拠点があり、10万登録者を突破しているなどの条件を満たした場合のみ行えます。

 できないことの例として「動画の広告を繰り返し見たりクリックしたりするようなスパム行為の助長」が挙げられています。広告の視聴だけを目的とした動画などは、削除対象になると指摘。この行為が発覚した場合は視聴数に応じた収益はクリエイターへ支払われず、広告主も費用の支払いを求められません。また、寄付のためとして他のクリエイターやアーティストの動画をアップすることや、YouTubeからは実際に寄付をしたことの確認ができないのでウソの主張は控えるよう呼びかけています。

 海外ではYouTuberのゾーイ・アミラさんが「お金を払わずにBlack Lives Matterへ寄付できる」として、収益を寄付するための動画を公開していましたが削除されました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む