ニュース
» 2020年06月17日 17時00分 公開

SNSで話題のフォションの紅茶のお酒を飲んでみた ミルクティー風でもティーソーダ風でもごくごく飲めてしまいます

爽やかで飲みやすい!

[ねとらぼ]

 Amazonで限定発売されている「FAUCHON(フォション)」の紅茶リキュールが「飲んでみたい」「ボトルかわいすぎ」と話題になっています。編集部でも実際に飲んでみました!

 フォションのリキュール「紅茶のお酒」シリーズをおすすめしたのはTwitterユーザーのらむねさん(@mrmrmron7)。「ロックで飲んでもソーダ割りにして爽やかにしても、お湯割りで落ち着いてみたりミルクや豆乳で割ったり何しても美味しいので激ハマリしてます」と紹介したツイートは、2万9000件以上のいいねを集めています。

 「紅茶のお酒」シリーズはアサヒビールが販売するリキュールで、フレーバーはストレート、アップルの2種類をラインアップしています。同社は2006年よりフランス・フォション社認定の茶葉を使用した「フォション ティーリキュール」を販売していますが、こちらをより気軽に飲みやすくしたのが「紅茶のお酒」シリーズ。アルコール度数も「フォション ティーリキュール」の24パーセントに対し、12パーセントと低めの設定になっています。

紅茶のお酒 ラベルもかわいい「紅茶のお酒」シリーズ(写真提供:らむねさん)

 筆者も、実際にストレートフレーバーを飲んでみました。まずは、甘いリキュールの定番・牛乳割りに挑戦。SNSでは「甘い」と書いている人も多いこのリキュールですが、甘党の筆者としては想像よりも甘さは控えめだと感じました。

 セイロン茶葉を使用しているというこのリキュールは、同じく紅茶のリキュールである「ティフィン」と比べるとより紅茶のクリアで軽く、華やかな香りを感じられるので、あまりお酒に馴染みがない人でも飲みやすいのではないかと思います。ロックでも飲みやすい濃さになっているお酒のため、リキュールを気持ち多めに入れたほうが「ミルクティー感」が出るのではないでしょうか。

紅茶のお酒 ごくごくと飲めてしまうミルクティー風アレンジ

 次は、ソーダ割りで飲んでみます。こちらは、夏におすすめの爽やかなアレンジです。食事と一緒に甘いものを飲める方は、シャンパンのように素敵なグラスに入れて飲むのも良さそう。炭酸の泡がはじけるのと一緒に紅茶の香りが広がるのも楽しい、おしゃれな1杯です。

紅茶のお酒 筆者は炭酸割りかロックが好みでした

 紅茶のリキュールは、ほかの種類のお酒やジュースに入れたりと、意外と万能で使いやすいアイテム。スパークリングワインに入れれば「ティーロワイヤル」に、ジンジャーエールやオレンジと合わせたり、これからの季節はアイスにかけるのもおすすめです! 特にこの「紅茶のお酒」シリーズは飲みやすいので、紅茶好きの方はチャレンジしてみると良いのではないでしょうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.