ニュース
» 2020年06月17日 14時08分 公開

ラング・ドシャを作ったらゼンブ・ドシャに…… 焼き菓子作りに失敗して全てが融合した結果こうなりました

よくあるゼンブ・ドシャ現象。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 「ラング・ドシャをつくろうと思ったら、全て融合して、ゼンブ・ドシャになった」というツイートが、その圧倒的語彙力で注目を集めています。

オーブンから出したら一体化していたラング・ド・シャ ”ゼンブ・ドシャ”に……(画像提供:みとさん)

 ラング・ド・シャは、フランスの伝統的なお菓子。表面にザラつきがあり、サクサクとした軽い食感が特徴です。北海道の銘菓「白い恋人」のクッキー部分にも採用されており、とっても高級感があっておいしいクッキーです。

ラング・ド・シャの写真 ラング・ド・シャ(イタリア版Wikipedeiaより)

 オーブン内で膨張し一体化してしまったラング・ドシャを、“ゼンブ・ドシャ”と表現したパワーワードっぷりに「ゼンブ・ドシャの破壊力たるや」「語彙力の天才がいた」「ネーミング最高すぎて最高すぎて…雨の日に笑いをありがとうございます」などのコメントが寄せられています。多くの人に笑いと元気を与えました。

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.