ニュース
» 2020年06月18日 18時00分 公開

思春期な“こじらせ”に寄り添うアニメ映画「泣きたい私は猫をかぶる」の「5つ」の魅力(1/2 ページ)

脚本家・岡田麿里の作家性が存分に発揮された、思春期の少年少女の悩みに真摯に向き合うアニメ映画。

[ヒナタカ,ねとらぼ]

 アニメ映画「泣きたい私は猫をかぶる」の独占配信が、6月18日にNetflixでスタートした。

「泣きたい私は猫をかぶる」思春期の“こじらせ”に優しく寄り添うアニメ映画、その「5つ」の魅力 (C)2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

 本作は“猫に変身する”というファンタジーを描いていながら、現実にある普遍的な悩みに真摯に向き合った、誰にでもおすすめできる作品として申し分のない内容だった。

 特に、思春期の少年少女にこそ見てもらいたいと思う。脚本家の岡田麿里の作家性が存分に発揮されていることも、アニメファンには見逃せないポイントだろう。それらの理由と共に、作品の本質に迫る魅力について記していこう。

『泣きたい私は猫をかぶる』予告編 - Netflix

1:主人公は思春期の“こじらせ”まっただ中、“カラ元気”でいる女の子

 「泣きたい私は猫をかぶる」の特徴でまず挙げておきたいのは、主人公の中学二年生の女の子のキャラクターだ。彼女が思春期特有の“こじらせ”のまっただ中にいることは、物語で大きな意味を持つようになっている。

「泣きたい私は猫をかぶる」思春期の“こじらせ”に優しく寄り添うアニメ映画、その「5つ」の魅力 (C)2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

 何しろ、彼女は思いを寄せる男の子に毎日のように過剰なアタックを繰り返したり、怒った勢いで2階から飛び降りようとしたりと、客観的に見ればおかしな言動ばかりをしている。その様子は変人を通り越して“無限大謎人間”と呼ばれるほどで、そのせいで“ムゲ”というあだ名がつけられてしまっていた。

 ともすれば、感情移入しにくいエキセントリックな主人公に思うかもしれないが、そんなことはない。彼女の恋心そのものは純粋であるし、10歳の頃に両親が離婚し、現在は父とその婚約者と同居しているという複雑な家庭事情もある。やや常軌を逸しているように見える言動は、彼女なりの悩みを覆い隠すための“カラ元気”に見えてくるようにもなっているのだ。

「泣きたい私は猫をかぶる」思春期の“こじらせ”に優しく寄り添うアニメ映画、その「5つ」の魅力 (C)2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

 事実、監督の1人である柴山智隆は、彼女の感情を演出にするにあたって「一見変わった子ですが、彼女自身はまわりの誰からも愛されていないと思っていて、実はまわりに気を遣って生活しています」とも語っている。

 もちろん、「まわりの誰からも愛されていない」なんてことは、彼女の勝手な思い込みにすぎない。しかし、思春期特有の“こじらせ”としてはごく普通のことであり、それをもって似た悩みを抱えた人に優しく寄り添っている物語なのだ。


2:現実の悩みを解消してくれる物語、そして「猫の恩返し」との共通点も

 そんな風に思春期らしくこじらせている主人公のムゲは、あることをきっかけに猫に変身できるようになる。おかげで、正体を知られないまま思い人の男の子に近づけるばかりか、前述した悩みから少しだけ解き放たれるようになるのだ。

「泣きたい私は猫をかぶる」思春期の“こじらせ”に優しく寄り添うアニメ映画、その「5つ」の魅力 (C)2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

 しかし、悩みに向き合わないでいるということは、“現実逃避”の状態でもある。これも、思春期の少年少女(ではない全ての人も)がごく普通に経験することであるだろう。

 そして、彼女はいつしか猫になってしまうことをよしとはせず、自分の悩みに向き合い、真剣に問題に立ち向かおうとする。猫に変身するという現実ではあり得ないファンタジーを描いた作品ながら、しっかり現実に根ざした希望が得られる物語になっているというわけだ。

 また、ことわざの「猫をかぶる」の意味は、「本性を隠して、うわべだけはおとなしそうにしている」ということだ。それをタイトルに冠する本作は、逆説的に「本当の自分を知ってもらう」ことの意義や大切さをうたっているともいえる。それは、この世のあらゆる悩みを解消するための答えの1つ。それをいま一度教えてくれることにも、大きな感動があるのだ。

「泣きたい私は猫をかぶる」思春期の“こじらせ”に優しく寄り添うアニメ映画、その「5つ」の魅力 (C)2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

 余談だが、悩みから現実逃避した先で、自由気ままな猫に変身してしまう(してしまいそうになる)という要素は、2002年のスタジオジブリ作品「猫の恩返し」にも似ている。「泣きたい私は猫をかぶる」とはコミカルな描写が多くクスクスと笑えること、猫がとにかくかわいい(超重要)ことも共通しているので、そちらが好きな方も気にいるのではないだろうか。


3:脚本家・岡田麿里の作家性から生まれる優しさとは

 本作の脚本を、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」など、多数の人気アニメ作品で知られる岡田麿里が手掛けていることも強調しておきたい。過去作でもみられたその“らしさ”が、今回もバッチリ入っているのである。

 その岡田麿里脚本の特徴をピンポイントで1つ挙げるとすれば、「大切な人を言葉で傷つけてしまう」場面描写の巧みさがある。

 例えば、アニメ映画「心が叫びたがってるんだ。」では、幼少時に父の浮気を(浮気と知らずに)無邪気に母に話してしまった罪悪感のせいで、ずっと苦しんでいた少女の心情が丹念につづられていた。「空の青さを知る人よ」でも、自分を育ててくれた大好きな姉に、心ないことを言ってしまった少女の苦しみが痛切に表現されていた。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」