ニュース
» 2020年06月18日 09時00分 公開

灰色の紙に「白と黒で書くノート」をコクヨが発売 光と影をめっちゃキレイに描ける

コクヨデザインアワード2018で優秀賞を受賞し、商品化されることに。この発想はなかった!

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 コクヨが、「白」と「黒」の2色で書ける灰色の方眼ノートを発売します。

白と黒で書くノート 「白と黒で書くノート」

 「白と黒で書くノート」は、灰色の5ミリ方眼罫ノート。紙の色より暗い色と明るい色は、同時に読みにくいという性質があるため、大切な部分を際立たせる、周辺情報を十分に記せる、光と影を描くなどの使い方ができます。マインドマップのような図解など、アイデアを発散したり、まとめたりする使い方に向いています。

白と黒で書くノートにグラフを書いたところ

白と黒で書くノートでアイデアをまとめているところ

白と黒で書くノートでタイトルを白にして目立たせている

 ノートの平面を自由に使えるように、フラットに開く製本法が用いられています。また、高さ210ミリ×幅168ミリと定形ではない特殊なサイズを採用。A5をベースとしながらも、パソコンのディスプレイで採用されているアスペクト比16:10になるように設計しています。パソコンの手前にノートを置きながら作業するなど、パソコンとノートを行き来する使い方を想定しています。

白と黒で書くノートに球を描いたところ 立体の表現にも向いています

 「白と黒で書くノート」は、コクヨデザインアワード2018で優秀賞を受賞し、商品化されることになりました。コクヨデザインアワードは、商品デザインを広くユーザーから募集する国際コンペティションで、過去には「カドケシ」「和ゴム」などのアイデア商品が生まれています。

 6月25日より、東京・千駄ヶ谷のショップ&カフェ「THINK OF THINGS(シンク オブ シングス)」、およびコクヨ公式オンラインショップ「コクヨショーケース」にて販売されます。中紙は50枚。価格は900円(税別)です。

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.