ニュース
» 2020年06月18日 11時41分 公開

「亡くなった家族のLINEアカウントが消えた」ツイート話題 大切な故人との思い出を残すには? LINEに聞いた

電話番号とのひも付けだけで利用している場合、ユーザーが亡くなって当該の番号が別の人に振られると、アカウントが削除されるケースがあります。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 数年前に亡くなった家族のLINEアカウントが削除され、トークの履歴等も消えて読めなくなった――。そんなツイートが話題を呼んでいます。


LINE

 ツイート投稿者は、LINEアカウントの作成に使用した電話番号がキャリアに回収され、別の人に割り当てられたことが原因ではないかと推測。亡くなった方とのトークをいつまでも見返したい人は、スクリーンショットを保存するよう勧めました。

 ツイートは拡散され、投稿者を元気づけるコメントや、同様の経験談など、多くの反応を呼びました。思い出を保存しておけばよかったと、悔やむ人も多い様子。編集部はLINEの広報を取材し、故人のアカウントの取り扱いや、記録の保存方法について聞きました。

 広報担当者によると、ユーザーが亡くなった場合、特に手続きをしない限りアカウントはそのまま残るとのこと。ただし、メールアドレスやFacebookアカウントの登録がない場合、今回話題となったケースのように、ひも付けに用いられていた電話番号が新たなユーザーの登録に使用されると、元のLINEアカウントが削除されることもあるのだそうです。

 ではそうなる前に、故人との記録を保存するにはどうすればいいのか? 推奨の方法として、担当者はまずトーク履歴の保存法を挙げました。トーク画面上部のメニュー(≡)をタップして「その他」を選択。「トーク履歴を送信」から、LINEのクラウドストレージ「KEEP」や、各種メーラーなど保存先を選ぶことで、テキスト形式で残せます。


LINE iPhoneで試したところ。「メモ」や「ファイル」アプリも保存先に選べます

 トーク上の写真や動画については、KEEPか端末への保存を推奨。アルバムは故人のアカウントが削除されたときにトークルームごと消えてしまうため、この場合の保存先には適さないそうです。


LINE 画像をタップし、アップロードボタンでメニューを開いて「KEEP」を選択

 なお、安心して利用できるよう、LINEアカウントは「一身専属」が原則であり、第三者への譲渡や貸与、相続は不可とのこと。「故人の友人・知人との関係やトーク内容も、故人特有のもの」と担当者は語りました。こうしたポリシー上、故人のアカウントを遺族が引き継ぐのは難しいもよう。大切な人に大事があったときは、早めにトークの内容を保存するのがベターでしょう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙